合気道の技について,合気道のひみつ

皆さんこんにちは、インターンシップ生の鈴木宣之です。

今回は、合気道の技について少しご紹介します。

とは言っても、全ての技を私自身が習った訳ではないので、
知っている範囲でご紹介致します。

技は武田流の技に沿ってお話ししますが、忘れている部分が多いので、その点はご容赦ください。

合気道は、相手の攻撃が技の起点となります。

手刀と捕り(相手から掴まれる)という所から掛ける技が多く、
突きや蹴り、また、相手から抱き着かれる場合やナイフに対するの技もあります。

それでは具体的にどのような技があるのかについてですが、
武田流の場合は、試合の際に使う技を主に習います。
道場によっては古流を呼ばれる昔ながらの技を習えるところもあります。

技は大きく分類して、「投げ技」、「抑え技」に分かれます。
その中で、「小手技」、「腰技」、「足技」、「関節技」、「つぼ決め技」などがあります。

基本的には、相手を投げてから抑え込めるという技の流れになっています。

武田流には、「外腕捻り」と「腕搦め(からめ)」という技があります。
これは合気会における四方投げと基本的には同じ技です。
こちらは「関節技」に分類します。
四方投げは、
相手の腕や肩の関節を固めることにより、相手を投げたり、抑え込んだりします。

次は、腰車というものがあります。
これは「腰技」に分類します。
柔道でいう所の「大腰」という技と基本は同じになります。
相手の腰と自分の腰を合わせてお辞儀するようにして相手を投げます。

「足技」では、後ろ払いという技をご紹介します。
「足技」は、武田流にはありましたが、他の流派ではないかもしれません。
間違っていたらすいません。
こちらは、相手の腕を使って体のバランスを崩してから、
自分の足を相手の足に引っかけて相手を倒すという技です。

また、「つぼ決め技」は腕や足などにある痛いつぼを用いて相手を動けなくするという技や、
「小手技」は手首などから技をかけていく技もあります。

ここまでご紹介致しましたが、
実際に「関節技」や「腰技」、「足技」となりますと、
柔道と変わらないのではと思う方もいらっしゃると思いますが、
これは個人の技量や考えで変わってくる所です。
柔道や合気道も元は柔術でしたので、似通った部分も多々あると思います。

また、筋肉をつけて力で技を掛けるのは可能ですが、
合気道は体の使い方を学び、自分自身は無駄な力を使わずに、
相手の動きを固めて技を掛けるという部分が大きいかと思います。
ただし、合気道に力が必要ない訳ではありません。
体の使い方によって、あまり力まずに力を伝えられるようにしていきますが、
体を鍛えて、相手の技を受けたり、技が通じない人への対処方法が少しでも増えるようにした方が良いと思っています。

最後に、私個人の考えを述べさせていただきますが、
技は型通り掛けなければならないというものではないと思います。
むしろ、相手の体格や反応、状況によって変えていくものだと思います。
ただし、基礎的な技の掛け方を習得してからでないと応用技はできないと思っています。

他にも様々な技がありますが、ほとんどが概要のみとなってしまいました。
興味があれば、体験してもらうことが一番良いと思われます。
動画や記事だけでは実際のものと情報量が違います。

今回はここで失礼します。
次回は「トレーニング」についてお話します。

参考元
1.立教大学合気道部
https://www.rikkyo-aikido.com/aikido

興味を持たれた方はお気軽にお問合せください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー