日本テニス界の至宝、錦織圭

前回までの記事で、BIG4と呼ばれる4人の素晴らしい選手を紹介してきました。そして、最終回となる今回の記事はズバリ、「日本テニス界の至宝、錦織圭(以下錦織)」選手です。錦織選手は10代のころから、将来世界ランキングTOP10入りすると言われていて、その才能を最初に認めたのはBIG4の内の1人「ロジャー・フェデラー」(以下フェデラー)選手です。また、同じくBIG4の1人である「ラファエル・ナダル」(以下ナダル)選手も、錦織選手と初めて対戦した後のインタビューで「彼は必ず世界ランキングTOP10以内に入る」と言っていました。その時代、圧倒的な強さを誇っていた2人のレジェンドからその才能を認められていたのです。では、具体的にどんなところがすごいのか、分かりやすく解説していきます。

—– 引用はじめ —–

—– 引用終わり —–

画像引用元:https://www.bing.com/images/search?q=%E9%8C%A6%E7%B9%94%E5%9C%AD&FORM=HDRSC2

1:天性のボールセンス

錦織選手といえば、「エアー・ケイ」と呼ばれる強烈なフォアハンドショットが有名です。高くバウンドしたボールに対してジャンプしながら強烈なショットを放ちます。しかし、「エアー・ケイ」はあくまで最後にポイント奪うための「ウイニングショット」です。本当に大事なのはそこにたどり着くための「ゲームの組み立て」なのです。そして錦織選手は多彩なショットを駆使して様々な形でゲームを組み立てることができます。それが、タイトルにも上げた「天性のボールセンス」のなせるわざなのです。テニスでは一般的に、「相手と同じ球種のボール」を「同じコース」に「同じスピード」で打ち返すことが簡単とされていて、逆に球種を変えたり、コースを変えたり、スピードを変えることが難しいとされています。しかし、錦織選手は「速いボールを遅く返したり」、「遅いボールを速く打ったり」、「低いバウンドのボールを高く跳ねるボールで打ち返したり」と、まさに変幻自在です。しかも、飛んできたボールがラケットに当たっている時間は、わずか「0.003秒」と言われています。人間の反応速度が「0.2秒」と言われているので、到底間に合いません。そのため錦織選手は、感覚で微妙なボールとラケットの当たり方やスイングを調節しボールをコントロールしているのです。これは教えてできるものではなく、錦織選手の生まれ持った才能です。

—– 引用はじめ —–

—– 引用終わり —–

画像引用元:https://www.bing.com/images/search?q=%E9%8C%A6%E7%B9%94%E5%9C%AD&FORM=HDRSC2

2:稀代の勝負師

錦織選手にはもう1つ、世界の中でもずば抜けた能力を持っています。それは、「勝負強さ」です。錦織選手は、試合を左右する重要なポイントで一気に集中力を高め、それまでのプレーより1段階ギアを上げたプレーをすることができます。これは、2014年から錦織選手のコーチを務める「マイケル・チャン」コーチの指導のおかげです。マイケル・チャン氏は元プロテニス選手で、現役時代は世界ランキング2位にまで上り詰め、テニス界で最もレベルが高い四大大会の一つ「全仏オープン」を史上最年初の17歳で優勝し、いまだにこの記録は破られていません。そんなレジェンド、マイケル・チャン氏の厳しい指導により試合終盤でも体力を落とさず、ハイレベルなプレーができるようになったのです。しかし、ただ体力があるだけでは勝負強くはなれません。錦織選手はプレーのレベルを上げると同時に、それまでやっていなかったプレーで相手の意表を突き、ポイントを奪うのです。それは上に書きました「天性のボールセンス」から生み出される「多彩なプレー」があればこそです。つまり、持って生まれた「天性のボールセンス」と努力で身につけた「体力」の融合で世界トップクラスの勝負強さが生まれたのです。その証拠に、錦織選手のファイナルセット(このセットと取れば勝利)の勝率は世界1位になったこともあります。試合が長く続きお互い全力で戦い合う中で、多くの引き出しと体力で勝利を引き寄せる、それが「錦織圭」選手です。

3:錦織選手の試合を見るときは・・・

最後に錦織選手の試合を見る時に、注目すべき点を書きたいと思います。

一つ目はラリー戦です。現在のテニス界では、ストロークを得意としている選手が多く、長いラリーが続くことが多々あります。その中でも錦織選手のストロークは、「フォアハンド」、「バックハンド」ともに世界トップレベルと言われ、正確性と多彩さと威力を兼ね備えています。錦織選手のラリーを見ていると、突然ボールを速く打ったり、相手の速いボールを簡単に返していたりします。そのボールの変化を楽しむのもいいですし、突然相手がミスしたときは、錦織選手のボールが相手の予想と違う変化をしていることも多いです。テレビや動画ではわかりずらいかもしれませんが、「すごいことをしている」と思ってもらえればと思います。

二つ目は、試合終盤の競った場面です。すべての試合が終盤まで競るわけではないですが、そうした錦織選手の試合を見る機会がありましたら是非注目してみてください。ポイントは錦織選手の姿勢の低さと動きの速さです。それまでは70%~80%くらいでプレーしてのが一気に100%に切り替わるので、ボールの速さや反応速度、動きの速さが明らかに変わります。映像でもはっきりとわかるので、「錦織選手の動きが変わったな」と感じたらそのポイントはぜひ注目してください。

—– 引用はじめ —–

—– 引用終わり —–

画像引用元:https://www.bing.com/images/search?q=%E9%8C%A6%E7%B9%94%E5%9C%AD&FORM=HDRSC2

これで、すべての記事が終了となります。ご精読ありがとうございました。少しでもテニスについて興味を持っていただけたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー