電大サークル活動の軌跡

 こんにちは、インターン生の小野です。今回は自分が実際に体験したサークル活動の内容について書かせていただきます。読者によっては想像通りでしたり、はたまた想像を大幅に裏切られる可能性もあるかもしれませんので、是非最後まで読んでいってください。
 サークルに加入して数日、新人歓迎会が開かれました。新人歓迎会はパーティスペースを借りてメンバーでピザを食べながらの対戦大会でした。しかし、新人メンバー達はぷよぷよの経験者や未経験者がばらばらに集まっておりレベル差が大きくあったため、上級者リーグと中級者初心者リーグの二つに分けられました。自分は中級者初心者リーグに参加し、惜しくも優勝はできませんでした。その後、自分は上級者リーグにも参加し、見事に初戦で敗退しました。結果こそ良くありませんでしたが今まで周囲に実力者がいなく、上級者と対戦する機会がなかった私にはとても良い経験になりました。
 新人歓迎会が終わり、いよいよ活動も本番です。電大e-Sportsサークルの活動の内容はシンプルでひたすら対戦や練習です。新人の自分たちはコンピューター相手や一人用モードで組み方を練習したり、組み方のコツや立ち回りを先輩から教えてもらいました。また、時々飽きてしまった場合に同時対戦人数を増やしたり、ルールを変えたりして色々な状況でプレイし、結局普通のルールが一番と元のルールに戻ったりして練習を重ねていきました。自分は一緒にサークルに加入した友人と帰り道が途中まで同じだったので活動日でない帰り道もその友人と対戦をほぼ毎日していました。サークルの活動時間は平日の場合基本午後四時半から午後六時まででしたが、専攻の違うメンバーが集まっているので授業の時間割が違い、時間内に来れる場合は来るというかたちで活動していました。休日の活動は主に夜の活動が主軸で、午後十時から活動を開始し、十一時や十二時に活動を終了していました。内容は平日の活動と基本的に同じで、オンラインでメンバー二人が対戦している間、他のメンバーは観戦をしていました。
 このような活動方針でサークルは活動していました。自分を含め新人メンバーの皆さんは時々自由に行動していたりもしましたが、自分の代では俗に言う幽霊部員となったメンバーはおらず、加入当時初心者だったメンバーもしっかり対戦できるほど上達していきました。以上が通常時のサークル活動の全貌です。意外と普通だったでしょうか。次回の記事では学外でのサークル活動の内容について記事にさせていただきます。今回そして次回も読んでいただけることを願っています。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー