SAOの考察

前回の記事では冴えカノの考察を行いました.今回は2020年に追加弾が来たSAOについて解説していこうと思います.SAOについては私もデッキをいくつか持っているため実際の使用感を元に書いていけると思います.

SAOは圧倒的な原作人気によりヴァイスシュヴァルツでもかなり初期の方からタイトルとして追加されておりました.このタイトルの強みはやはりかなり古参なタイトルであるのでその膨大なカードプールから繰り出される様々なコンセプトのデッキを作成することが出来ることにあると思います.このタイトルには大まかに分けて3つのグループに分けることができ,1つ目は全環境の主力でありSAO,ALO,GGO編のものでネットとアバターという特徴で扉,電源,宝,本などクライマックスの種類を環境によって変えることのできる特徴です.
2つ目はアリシゼーション編で登場したフラクトライトという特徴でできており回復メタや中学生互換が印象的です.この特徴は今はまだ環境に食い込める型は開発されておりませんがアニメの半分の部分しか追加されていないので将来に期待できる特徴です.
3つ目は最新弾である10th Anniversaryという特徴を主軸としておりレベル3連動はチョイスアイコンのものが使いやすいのですがレベル1連動は優秀なものが多く選べるという利点があります.

今回のページではアニバーサリーのものを解説しようと思います.
このタイトルのレベル0はレベル1連動やその他によって変わりますがpigの暁互換や3500の中央移動,待望の単レスト控え集中,一刀両断互換,アンコールメタ,フィレス互換などはどの型でも良く積まれるカードです.名前だけ見てもわかる通り一弾しかないにも関わらずこれだけ優秀なレベル0が追加されたのは僥倖です.
レベル1は基本的に二種が良く使われますが個人的に好きなカードなので今回は三種解説させていただきます.
最初は門連動でこちらの利点はほとんど確実に手札が増えるということと,トリガーを含め最大四枚山を削ることが出来る点です.ただし欠点とすると控え回収なこととパワーが他の二種に比べ500低いという点です.
次に扉連動ですがこちらの利点はストックを綺麗に積める,またはクライマックスを埋められるということとハンドが増えるかもしれないという点です.クライマックスを埋めるということは一見メリットがないように見えますが同弾で追加された宝連動のユウキを使用する場合には山にクライマックスが少なければ少ないほど強いのでそういった場合に使えるということです.欠点としましてはリバース要求なことと手札が増えないかもしれないという点です.
最後にチョイス連動です.こちらの利点は山を最大三枚削れることとツインドライブによりストックを綺麗にできること,アタック時にトップのキャラを回収できることです.レベル3連動がチョイスということでチョイスは噛ませることでストックになったりハンドになったりと選ぶことが出来るのが強いのでツインドライブとは相性はいいです.欠点は確定で回収できる効果でないこと,連動がないとツインドライブすら打てないことです.レベル1に総じていえることはパワーを出すための条件が緩いので面を強く作ることが出来る点にあります.
レベル2は早出しを出すことにより盤面を取りつつ耐久または手札の質を上げることが出来ます.
レベル3ではレベル3連動を打ち詰めに行ってもよし,盾を構えておいて耐久してもよし,相手の山が強いと思ったら光景互換を使い崩してもよしといったように割と自由に戦えます.

このタイトルの立ち回りはこれといった正解がないためプレイヤーの腕により強くもなるし器用貧乏に終わったりもするタイトルだと思います.

以上の理由からこのタイトルは環境を狙えるポテンシャルを秘めていると思います.しかしその場面その場面での正解が変わるため相手のデッキ理解とプレイングが他のデッキより顕著になるためただ優勝した人のデッキを丸パクリしただけでは勝つことは難しいと言えます.

今回はこの辺で終わろうかと思います.ここまで読んでいただきありがとうございました.興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー