中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて ホテル編1

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのは私が“天一酒店”のアルバイトを辞めた後、夏休みの期間中に学校の紹介によって始まった二つ目のアルバイトのことです。アルバイト先の名前は“広州奥園ゴルフ酒店”という高級ホテルです。クラスメイトとともに一つの仕事場で仕事をするのか今の私にとっても非常に懐かしい思い出の一つでした。

えぇ…“酒店”で…前アルバイト先にも“酒店”と言いますよね?なぜ前のがレストランで今回のは高級ホテルですか?…それは日本語と中国語の翻訳について説明しなければならない。中国語で“酒店”はホテルの意味ありレストランの意味もある。これは規模によって名を付けている。規模が小さいレストランやホテルには“餐庁”、“賓館”と呼ぶ。規模が大きいれば統一的に“酒店”と呼ぶ、間違えやすいかもしれませんか、これも中国語の面白さでもあります。

では、本題に戻ります。今回のアルバイトはホテル内の洋式レストランでウェーターをやりました。仕事は主に料理の渡しとミルクティーの調合です、時々にイベント会場の手伝いやホテル内に住む客人やゴルフ場を利用する客人に注文された料理の配送もします。仕事時間は朝8:00から14:00、18:00から23:00まで月払い1100圓です。(円に換算すると約20000円)仕事量が多いためホテルの社長に寮に住むと要求されました。

ホテルにも罰金制があります。正社員、アルバイトか不問、ホテルの財産に損害お与えたにはそのものの市場価格で弁償しなければならない。それはたとえ皿一つでも椅子一つでも同じです。だから常に丁寧の仕方をしなければならない。

それから私が働いた場所には賞金制があります。何かというと、職員がもしお茶やミルクティーなどの飲み物をお客さんに勧めて売れたとき、その職員には賞金がもらえるという社内制度です。それはアルバイトも同じく売れたら賞金をもらいできます。

あと、ホテル内ではお客さんがくれたチップを貰っではいけない。もし客人がどうしてもくれるばいはホテルの財産として認め、上の部門に渡します。しないとホテルの財産を損害したと認め、辞退するのがそのホテルのルールです。

結果、このアルバイトはを私の夏休みが終わるとともに辞めました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。 

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー