個人的 オススメ・期待のサッカー選手10選

エム・ビー・エーインターナショナル株式会社インターン生の海老原圭です。よろしくお願いします。

この記事は、幼稚園から高校卒業までの15年間サッカーをしていた私の個人的な視点での意見です。

最後の1人は、神の子、サッカー史上最高傑作と言われている。リオネル・メッシ選手です。メッシ選手もクリスティアーノ・ロナウド選手同様にバロンドールを5回受賞しているなどたくさんの記録を持っています。

そんなメッシ選手の凄さや人生について解説していきたいと思います。

メッシ選手は13歳の頃、バルセロナの入団試験を受け合格し、バルセロナに入団しました。当時メッシ選手は、成長ホルモン不分泌性低身長症という病気で、身長が143㎝しかありませんでした。                      メッシ選手の家族はとても貧しく、高額な治療費を払えずいましたが、ホルモン投与など必要な治療費をバルセロナに全額負担してもらい高額な治療費を払うことができました。                               治療を続けていった彼は170cmにまで成長することができました。

この経験からメッシ選手は、自身が身長という、ハンデを克服してサッカープレイヤーとなった経験を通じて、「レオ・メッシ財団」という団体を2007年に立ち上げました。難病で苦しむ人々を救済する目的で設立されたこの団体を通じて、イベント開催や病院・施設への訪問などの活動も行っています。これらの活動を見てわかる通り、サッカー選手としてだけでなく、人としても素晴らしいです。

メッシ選手は、低身長というのを弱点ではなく強みにする為、ドリブルを磨きました。なぜなら、サッカーは地面をボールが行き交うためドリブルなど身長の低い選手の方が地面に視点が近く活躍できる事が多い、身長が低い選手は、止まった状態からの急な加速、走っている状態からの急なストップ、反転や方向転換等、より素早く出来ると言われています。

メッシ選手はまさに、身長の低さを強みにしてしまったのです。

メッシ選手はトラップがとにかくすごいです。このトラップのテクニック一つで「パス・ドリブル・シュート」どの選択肢も行動可能な状態にしてしまうのです。そしてメッシ選手の世界一のドリブルの秘密は、体から60㎝以上離れないということです。いつどこから敵が来ても、ボールを触れる位置に置いておく、これが出来るのはまぎれもなく、メッシ選手ただ一人だと思います。

歳を重ねても成長し続けるメッシ選手にはまだまだ記録を作り続けていってほしいです。

今まで読んでくださりありがとうございました。               今回、記事を書いたことで自分の知らなかった事を知ることができたり、人に伝える事の難しさを改めて思い知りとても勉強になりました。           みなさんも、是非よろしければ記事を書いてみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください!

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー