仮面ライダーは大人にこそ見てほしい #ジオウ&…編

こんにちは、インターン生の菊田です。

最終回となる今回は「仮面ライダージオウ」について紹介しようと思います。

1. 概要

仮面ライダージオウ(以下、ジオウ)は2018年9月から放送された平成最期の作品です。

王様になるという夢を持つ普通の高校生の主人公が時を支配する力を持つ仮面ライダーとなり平成に誕生した仮面ライダーたちの力を継承していく、という物語となっています。

この作品の特徴は、歴代の各作品から当時のキャストさん(オリジナルキャスト)が登場するというところです。

これまでも歴代の仮面ライダーたちが登場することはありましたが、なかなか当時と同じ方に演じていただくのは難しいものでした。それは俳優さんたちが多忙で撮影が難しいのはもちろん、ご自身が出演された作品への思い入れや愛が強いがゆえに出演したくない(=当時創り上げた世界などを壊したくない)という方もいるからです。実際に、冬の映画に出演してくださった佐藤健さん(仮面ライダー電王の主演)は「(仲間に憑依された)別人格ならできるが、今の歳で(素の主人公を)演じたらみんなの夢を壊してしまう」「10年経って成長しているのはいいことだが、一方それは夢を壊すことでもある」という考えがあると明かされています。

2. 超重要人物紹介(この項目はネタバレを含みます)

・常盤ソウゴ/仮面ライダージオウ

この作品の主人公で、演じたのは俳優の奥野壮さん。幼いころから将来の夢は王様になることで、50年後の西暦2068年では最低最悪の魔王となっていた。そんな未来を知った普通の高校生の彼は最高最善の魔王になると宣言し仮面ライダーとなり各仮面ライダーの力の継承を始めた。彼自身はわりかし人懐っこい性格をしているが「魔王」ということでとても警戒されやすい。全ライダーの力を継承すると魔王としての風格を見せだし、最後には仲間との別れなどがありながらも50年後の自分と同じ力を得る。しかし、仲間のいない世界で王になっても意味がないとして、仲間が生きていて自分が仮面ライダーになる前の世界を創造した。

3. そして、令和へ…

2019年9月1日から令和最初の仮面ライダー「仮面ライダー01/ゼロワン」の放送が始まりました。「AI」をテーマとして、AIにより職業がどのように変わっていくかが描かれていくそうです。この記事を書いてるときはまだ第1話しか見れていませんが、現実の可能性の世界として大いにありうると感じ今後の放送を見るのが楽しみになりました。

これまで全10回にわたって様々な仮面ライダーを紹介してきましたが、なにか気になるものはあったでしょうか。現在「ゼロワン」がテレビで放送されているだけでなくYouTubeや月額制動画配信サービスで公式に配信している作品などもあるので、興味を持たれた方はぜひ見てみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

*参考元:

「平ジェネFOREVER」が“電王映画”になった経緯とは?佐藤健の思いが明らかにー映画ナタリー

https://natalie.mu/eiga/news/314144

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー