サンシャインの考察

前回の記事ではSAOの考察を行いました.今回は規制を入れられてもなお強いサンシャインについて解説していこうと思います.こちらのタイトルも前回と同じく実際にデッキを持っているため具体的に書いていけるかと思います.

サンシャインはとても人気のあったアニメであるラブライブと同じ世界線のアニメです.このタイトルが出た当初からとても強く規制がかけられた回数はヴァイスシュヴァルツの中でもトップと言っても過言ではないと思います.規制されるたびに追加弾で互換になるようなカードが追加されるおかげでこのタイトルが参戦してから一時期を除き常に環境入りしているようなタイトルでした.このタイトルの強みは追加弾が重なったことによるプールの広さもありますがやはり次々と追加される優秀なシステムカードによるものと思います.ここまでの記事を読んでいただいた方は察しているかもしれませんが現環境では優秀なシステムカードはほとんど必須となっております.無くても勝つことはできますがあったほうが安定して強いムーブをすることができるからです.さて話は戻りますがこのタイトルの特徴と言えば相手の山を削れる3000拳,自身レストで手札を入れ替えられるレベル応援,今一枚制限になっている美希バーンなどです.

このタイトルの構築は,レベル0は中央移動やジョー互換によりハンドを維持しつつレベル1につなげます.この時に電源が噛めばレベル0の段階からレベル1連動を打てることもあります.
レベル1はレベル1連動は最近の構築ではあまり見ないので1/1キャラで盤面を制圧しつつレベル応援の後列や2/2の前列を電源で出していったりします.カウンターは2000拳を積んでいる構築や歌歌互換にしている構築などを多く見ます.
レベル2でも大きくは変わらず出したキャラで盤面を取り続けていくだけです.それに電源が噛めばレベル3を出してみたり早出しをして回復したりと特にこれといってやることはありません.
レベル3では条件の緩い美希バーンやレベル連動を打ったり回復したりとゆっくりコントロールしていく感じで回していきます.特段強い詰めがあるわけではないので焦らずじっくりしていきます.

このタイトルの立ち回りは豊富な手札入れ替えカードや山を削るカードによりゆっくりゲームを進めていく展開で行くのが理想です.電源を主軸にするタイトル全般に言えることですが盤面を取り続けることによって相手のリソースを枯らし,ダイレクトアタックによってソウルが乗らないことを補完していくので攻め急がないことが大事だと言えます.

以上の理由から現環境には電源タイトルが少なくなっていますがその中でも豊富なシステムカードにより初動の弱さを補えるこのデッキは環境と言ってもいいのではないかと思います.

今回はこの辺で終わろうかと思います.ここまで読んでいただきありがとうございました.興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください.

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー