ここがすごい!今の変身ベルト(玩具) その3

皆さんこんにちは。インターン生の小峰と申します。

前回に引き続き、仮面ライダーの変身ベルト(玩具)についてお話させていただきます。

前2回までは、変身ベルトDXシリーズのうちの2種を紹介させていただきました。今回からは、DXシリーズとは異なるシリーズ、
COMPLETE SELECTION MODIFICATION(以下CSM)シリーズの玩具の紹介をさせていただきます。

今回は、変身ベルトの紹介ではなく、CSMシリーズの説明をさせていただきます。まずはこのCSMシリーズについて説明を以下に示します。

【引用始め】

「変身ベルト」に代表される「なりきり」アイテムを、バンダイの最新の技術・造型手法を用いて再構築した、「大人の為」の「なりきり」玩具。既存商品を“MODIFY”することを基本コンセプトとし、外観・音声・発光ギミック等、商品を構成するすべての要素を見直し・生かすことで、当時では再現できなかった遊びを実現。圧倒的なクオリティーで展開するシリーズです。

【引用終わり】   (引用元URL:https://toy.bandai.co.jp/series/rider/csm/)

このCSMシリーズは2020年2月現在までに26作品ほど発売しております。また発売される変身アイテムは前々回で述べた平成仮面ライダーシリーズの中で登場した仮面ライダーの変身アイテムのみとなっております。また変身ベルトDXシリーズは、一つ約7000円近い値段ですが、このCSMシリーズは一つ 15000~50000円となり、非常に高いお値段となってしまってます。しかし、そのぶん素材やギミック、音声などにこだわっており、お値段以上の価値がある商品であると私は感じています。

具体的にどういった部分がDXシリーズと異なるのかという点ですが、まずサイズが異なります。CSMシリーズは「大人の為」の変身ベルトであるので、子供用に作られているDXシリーズより少し大きめに作られています。またベルト部分の長さもDXシリーズより長く作られており、大人が身に着けることを前提とされております。
次に、材質の違いです。CSMシリーズはDXシリーズに比べて金属を多く使用しております。例えば、DXシリーズはベルト部分がプラスチックで作られているのに対して、CSMシリーズは金属で作られております。そのため、重厚感、高級感があります。

以上、CSMシリーズの説明でした。気になった方は上記URLのサイトをご覧になってください。残りの2回はこのCSMシリーズ中の2つについて語ろうと思っています。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー