期待の新人と頼れる新部長

 こんにちは、インターン生の小野です。さて今回の記事は、前回苦労の末に得られた期待の新人君の話と新しく部長を務める新部長の話です。どちらもサークルを揺るがす大イベントなので、ぜひお楽しみください。
 白熱の勧誘活動の末、電大e-Sportsサークルは新人をなんと一名も獲得することができました。まあ、少ないですが誰もいないよりは非常に喜ばしいことです。新人君は勧誘活動で行った対戦会で一緒にサークルに入った友人に勝つほどの実力の持ち主で、自分の代の最強メンバーにも匹敵するほどでした。なので、自分たちからあまり新人君に教えることはなく、加入時から自分たちの代と同じような扱いで活動を進めました。新人歓迎会は自分たちと同じところで行い、晴れて即戦力がサークルメンバー加入となりました。
 時系列を少し戻り勧誘活動の前、部長の代が就職活動に向かうため事実上の引退となり、上の代がいなくなるため、自分たちの中から新部長が決定されました。その新部長はサークル一番の実力者。ではなく、サークル加入時にはほぼ初心者であったメンバーでした。彼は一番の実力者ではありませんでしたが、不思議と人を集める才能を持ち、申請やスケジュールの管理などを責任をもってこなしてくれるしっかり者であると自分は思っていました。そんな誠実で不思議な魅力のある新部長をサポートしたくて自分は副部長をやることになりました。サークルの役職は意外と簡単に決まってしまうもので、特に学校側への申請や役職交代の儀式などを行うこともなく、Discord上でのオンライン会話で話し合いをして決まりました。勧誘活動や日々の事務連絡の業務のことを考えると、しっかり者の彼が部長になってくれて本当に良かったと今も思っています。
 さて、新部長が自分たちの代で誕生し、サークルの先輩方もほとんど事実上の引退となったので、いよいよ自分たちにこのサークルの主導権が回ってきました。しかし、深刻な問題が一つあります。それは、このまま来年の新入部員が一名であったり、無加入となってしまった場合、自分たちが引退するころには自分たちの少ない後輩メンバーだけであのハードな勧誘活動を行わなければなりません。ですので、今後の部活の方針をどうするか、部長たちと考えていた矢先になんと衝撃の事実が転がり込んできました。不穏な展開の途中ですが、今回はここまでにしておきます。一体衝撃の事実とは何だったのでしょうか。次回、静寂のサークル大崩壊。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー