中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 日本ガスト編

前文

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのは高校卒業後、日本に留学しに来たまもない頃。同じ高校出身の先輩の紹介のお掛けて、日本で初めてバイトをし始めたのことです。アルバイト先の名前はガスト鴨川店という日本ファミリーレストランでした。私は日本に来たばかりに習慣の変化や地方に対する認識度がまだ薄いので、大学寮に一時住むことになりました。大学からアルバイト先までは5キロメートルの距離があります。だけど日本ではアルバイトの勤務時間に対して中国で以前やってところより比較的自由なので、最初の時はビックリしました。中国では休み時間はアルバイト員が決めるですか、働き時間は相手が決めますことが多く。ある場所では休み時間も相手が決める所がいる。

5キロメートルの距離があったゆえに、最初の時、私はアルバイト時間を金土日3日にしました。勤務時間は一日3~5時間、いずれも夜18時から始まる。仕事内容はキッチンで調理補助を務めました。同僚たちのコミュニティには今だでもよく掴めていない。日本では人たちの振り合いは挨拶と返事が大事のが中国にいる頃も知っていました。だけどそんなに頻繫的なこととは思わなかった、中国にアルバイトしている時は挨拶もしますかでもそれは朝の時という限りがあるのです。何かというと私が住んでいる町の習慣としては“おはよう”はよく使えるけれど“こんにちは”や“こんばんは”はあまり使わていないということです。朝の時を過ぎると、挨拶文を使わないかまた時間が過ぎでも“おはよう”をいうかです。でも使う方がわざとという感じがあって、親しみ感が増えます。“こんにちは”や“こんばんは”を使用してもいいか中国ではその翻訳言葉を使うと人に硬いというイメージが伝わりやすい。

返事に対しては中国ではそんなに拘りしていない、していると人に礼儀正しいく感じますか。しなくでも別に人の言葉を聞いていないではないです。個別な人はありますか、返事していないの状況は大体的には“手の仕事がまだ終わっていないですよ、終わったらすぐ来ます。”という意味です。拘り過ぎると相手がしている仕事を延ばして先に来ている状況になってしまいます。

アルバイトがそんなに続けていない時では、時々昔の習慣によりしていることも多く発生してしました。だから店のメンバーたちに迷惑をかけしばかりです。でも店長も同じアルバイトのメンバーたちも優しい方ですから、私にいろんなことを教えてしました。結果的私の留学生活もわりと楽しくしてなりました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー