塾の先生が考えるコミュニケーション術まとめ

皆さんこんにちは!この記事も最終回となりました。初対面、話し方、そして聞き方をそれぞれ紹介してきましたが、今回は全体を通してのまとめをしていきます。

まずは、私が今回の記事でずっと強調し続けた表情です。初対面の時も、その後も、笑顔はその場の雰囲気を明るくしてくれましたね。笑顔以外の表情も、自分の気持ちを表現する重要なものです。表情には多くの役割があります。これを知ったあなたなら、コミュニケーションにおいて、無表情がいけないということもわかっていただけたはずです。無表情はとても冷たいものです。その場や自分の気持ちにあった表情で、コミュニケーションをとりましょう。

次に、コミュニケーションとは二人以上で成立するということの確認です。この記事を機に辞書で「コミュニケーション」を引いてみました。そこには、複数の人がお互いに働きかけて意思の疎通をすること。(小学館 国語辞典より)と書かれていました。つまり、コミュニケーションとは、二人以上の人がお互いの意思や気持ちを伝えあうことなのですね。このことからコミュニケーションは一人では完成しない、ということがわかります。どんなに話が面白い人でも、聞き手に対する思いやりがなければ、人は話を聞いてくれないのです。相手のことをしっかりと思いやり、お互いが楽しいコミュニケーションをとりましょう。

ここまで多くのことを紹介してきましたが、全体の目標としてきた明るいコミュニケーションを思い出しましょう。私は明るい授業のためにこのようなことを実践してきました。明さんは、友達と家族と…コミュニケーションをとると思います。相手や場所が変わってもコミュニケーシの基本は変わりません。一度習得した技術は、ずっとあなたを助けてくれるでしょう。

今日のポイント!今までやったこと全てが明るいコミュニケーションにつながります!正しい表情と相手への思いやり、その気持ちを忘れずに日々を過ごしてください。

いかがでしたでしょうか、人とのコミュニケーションは、ちょっとしたことで楽しいものになるとわかっていただけたかと思います。この記事を通して楽しいコミュニケーションをとっていただけたら幸いです。

最後となりますがここまで読んでいただきありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー