静寂のサークル大崩壊

 こんにちは、インターン生の小野です。今回はサークルの活動方針に改変を求めて考えていた自分たちのもとに転がり込んできた衝撃のニュースについて話していきます。今回はタイトルも一風変わって不穏なものとなっていますが、最後まで楽しんでいただけたら幸いです。
 サークルの行く先に悩み、答えを探している中のある日、元部長から衝撃の事実が伝えられました。それは、自分たちの所属しているぷよぷよ部門がe-Sportsサークルになったという内容です。ここまで読んできていただいた読者の方々は「ぷよぷよ部門はもとからe-Sportsサークルの一つだろう。何を言っているんだ。」と疑問を抱く方々もいらっしゃると思いますが、その通りなのです。自分たちのぷよぷよ部門はあくまでe-Sportsサークルの一部分にすぎなかったはずなのです。しかし、「ぷよぷよ部門がe-Sportsサークルになった」というのはどういうことでしょう。それはすなわち、他の部門すべての解散を意味します。ぷよぷよ部門はe-Sportsサークルの一つではなく、ぷよぷよ部門だけがe-Sportsサークルとなったことを意味しているのです。突然の衝撃ニュースに自分たちサークルメンバーは唖然としました。どうしてこうなったのか。
 東京電機大学のe-Sportsサークルは、実は元からあまりメンバーの出席率が良い方ではなく、オンライン活動のみで活動していた部門も多いと聞きました。同サークル内とはいえ、基本的に部門外でのメンバー交流がないため自分たちも初めて参加した勧誘活動の際に最高責任者を合わせた数名としか顔を合わせておらず、それ以降会うことがありませんでした。オンラインでの交流もサークル全体のグループがDiscordに作られていましたが、あまり活発に利用している形跡もなく、自分もほとんど利用したことがありませんでした。ですので、自分たちは他の部門がどういう状況であるかほとんど情報がなく、出席率の低下によって解散となってしまったことにも全く気が付きませんでした。先ほども述べた通り、他部門の情報がほとんど入ってこないので、解散によって自分たち以外が一つ残らずすべての部門が解散となってしまったとは言い切れませんですし、風のうわさでは、存在していたかすらわからないスマブラ部門がまだ残っているという話も聞きました。(非常に正確な情報ではありません)このようなことが起こってしまったため、自分たちぷよぷよ部門は電大e-Sportsサークルを名乗って次回の勧誘活動を行うこととしました。次回はその第二回勧誘活動の奮闘記を記事にさせていただきます。ぷよぷよ部門改め電大e-Sportsサークルの存続はどうなってしまうのか。次回をお楽しみください。今回も最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー