中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 日本マクドナルド編

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのはガスト鴨川店で二年間9ヶ月を渡って辞めた後、半年間心を休んで再びバイトを始めた話しです。このアルバイトも現在私がやっているアルバイトです。

当時の私はバイトに没頭し過ぎて、自分が本当にやるべことをすら忘れてしました。幸いなことにまだ挽回出来ない立場になっていない時にアドバイザー先生の意見聞いて一番長く続いたガスト鴨川店のアルバイトを辞めて学業に一時専念することになりました。しかし今まではバイト代で留学生活を維持することができますけど、学業を専念するゆえに半年で前の貯金を全て使い終わりました。よって再びバイトをしなければいけない状態になりました。

今回のアルバイト先は日本国内でも国外でも有名な店、マクドナルドでアルバイトをして始めた。アルバイト時間をできるだけ減らして学業に影響を与えることがないようにしました。マクドナルドはアルバイト員の勤務時間はアルバイト員自身が決めるから、毎週スケジュールを書かなければいけないか。その代わりに自分自身が日程に対するコントロールがはっきりしている。簡単に言えば自由度が非常に高い。有名度が高いゆえに毎日の仕事量が多いのか、その代わり店員たちが手助けしてくれるので特に大問題をおごすことはないか。仕事量が多いため何を先にするべきかわからない時がよく発生します。そのため順序をはっきりする対応力を身につけるのが大事です。

それからコミュニケーション能力も重要な点です。中国にいる時では仕事をしている時先輩たちに教わったことはほとんどか仕事やり方でした、自分の仕事を自分で完成するになるのが一番大事。ほかの人の仕事に手伝いをするのが実はメンバーたちと仲良くしやすいポイントの一つです。でも日本に来ていると仕事手伝いするのが普通と感じで昔中国にいるように適用していない。まだ日本人では仕事と私生活をはっきりし過ぎると私はそう感じでなかなかメンバーたちと仲良くなれない。

最近では仕事が段々うまくなれるのでメンバーたちも段々認め始めたようにと私は感じました、でも日本人たちと仲良くするコミュニティ適用法を自分がつかめない以上これからの職場でも問題なるでしょう。でもまだ時間があるので必ずその時間内で自分の短所を解決するにします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー