「知らない世界がある」と知っておく

書籍『まんが「火の鳥」に学ぶネガティブな世界からの羽ばたき方』

「知らない世界がある」と知っておく

P:「知らない世界がある」と知っておく。

R:歳を重ねると経験や知識が増えていき、時には「自分が絶対正しい」と考え、無意識に相手を否定してしまうこともあるから。

E:研究がうまくいかず「生命の秘密を教えてほしい」と神に祈った猿田博士。すると、突然火の鳥が現れ「地球は生き物だ」と言い始める。その意味を理解できない猿田博士に対して、火の鳥はこんな話をした「地球を理解するには人間は小さすぎる」「たとえば細菌だってその寄生している生き物のからだを生きていると思わないでしょう」

P:「自分は世の中のほんの一部しかしらない」と自覚すればいくつになっても周りから技術や知識を吸収し、自分の世界を広けられる。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー