バスターとアーツのPT

 インターン生の藤原慧と申します。FGOの戦略の考え方第3弾という事で、今回はバスター、アーツを中心としたパーティの組み方について語っていこうと思います。サブテーマはアタッカーとサポーターの話です。

 まずは一番わかりやすいアーツから。アーツカードの長所はNPゲージがためやすい事、短所は威力がバスターに比べると低く、クリティカルスターを稼ぎにくい事です。アーツパーティの組み方は単純明快で、アーツを多く持っているサーヴァント3体でひたすらNPゲージを溜め、宝具を狙うという戦い方です。アーツが多いサーヴァントならクラス問わず使用できるため、自由度が高く組みやすいパーティです。弱点は通常攻撃の威力の低さなので、宝具で補うかクリティカルスターを供給できるスキルや概念礼装などを使うとよいでしょう。

 非常に拡張性の高いパーティなので、アタッカー3体で猛攻を仕掛けるもよし、サポーター3体でひたすら耐久するもよし、どんなコンセプトでも運用が可能です。低レアサーヴァントの方が宝具レベルを上げやすいため、高レアの少ない初心者にもオススメです。全体宝具を防げるジャンヌダルクや、少し上級者向けですがスキルの回転を早められる玉藻の前などを借りられると非常に強力です。

 続いてはバスター。バスターカードの長所は攻撃力が高い事、短所はNPゲージ、クリティカルスターを稼ぎにくい事です。私はバスターパーティではアタッカーとサポーターの役割分担が大切だと考えています。

 まずはアタッカー3体、サポーター無しのパーティから解説します。バスターを3枚持っているキャラを3体並べてひたすらバスターチェインというわかりやすいパーティです。これは宝具やクリティカルを捨てたパーティで、敵のHPが少なめのクエストであれば宝具を使うよりも早く周回することができます。主に使われるのは茨木童子やペンテシレイア(エルドラドのバーサーカー)などです。クエストによっては非常に有効なのですが、多くのクエストでは宝具やクリティカル無しで戦うのは厳しいため、NPやスターを供給するためのサポーターが必要になってきます。

 次はアタッカー2体、サポーター1体のパーティです。FGOのコマンドカードバトルでは、カード5枚×3キャラで15枚のカードのうち、1ターンに3枚×3ターンで計9枚のカードを選択して攻撃するので、アタッカーが2体(カード10枚)いれば十分なんですね。ですので一切攻撃せずスキルを使うだけのサポーターがいても問題ない訳です。アンデルセンや孔明、マーリンなどが優秀なサポーターとして挙げられます。

 最後にアタッカー1、サポーター2の編成です。先ほどとは違いサポーターも攻撃に参加する必要が出てきてしまいますが、バフを1体に集中させたときの火力は恐ろしいものになります。サポーターが2体いるのでたまにアーツチェインを狙ってみるのも良いでしょうし、味方にバフをかけつつ自分でもダメージが出せるエリザベート・バートリー(ランサー)のようなサブアタッカーを使うのも良いでしょう。また、クイックで殴ることでスターを供給するジャックザリッパーや風魔小太郎などを採用するのも有りです。

 再序盤は自前のアタッカーを用意するのが難しいため、フレンドのサーヴァントをメインアタッカーにしてそれをサポートしていくという戦い方をオススメします。

 では長くなってしまったのでクイックの話はまた次回。

 興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー