全ての争いは「私は正しい」同士の衝突。

書籍『まんが「火の鳥」に学ぶネガティブな世界からの羽ばたき方』

全ての争いは「私は正しい」同士の衝突。

P:全ての争いは「私は正しい」同士の衝突。

R:「私が正しい」と思っている同士が争えば、決着が着くまで傷付けあい、お互いにボロボロになってしまうから。

E:ハリマは火の鳥に「仏教の侵略から狗族を救ってほしい」と願う。すると火の鳥は、ハリマを21世紀に連れて行く。そこ(未来)でも二つの信仰が対立しているを見て言葉を失うハリマら、火の鳥はこう言った。「正しいものどうしの争いはとめようがないでしょ」

P:大切なのは、敵に勝つことより、まずは敵と戦わなくて済む方法を探ること。「私だけが正しいのか?」と疑う勇輝が、最善の解決策に近づく一歩である。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー