私の推しパーティ

 インターン生の藤原慧と申します。FGOの戦略の考え方第7弾という事で、今回は私のよく使っている推しパーティについて語っていきます。私の推しはアサシンの虞美人なので、前回、前々回のアサシンパやクイックパを基本としたパーティになっています。

 虞美人の長所はNPの溜まりやすさで、溜まりすぎるくらい溜まります。短所は宝具に強化解除効果がついてしまっているので、宝具の使いどころに困る、という点です。また、HPが高い代わりに攻撃力が低いというのも特徴ですが、私の虞美人は聖杯&★4フォウ&コマンドコード強化で強化しまくっているため問題ありません。

 まずパーティの基本として虞美人と項羽を夫婦で配置します。この2人を前々回アサシンパの組み方と見比べると、①バスターの枚数が多い。②項羽はスター供給スキルを持っているため虞美人のサポートができる。③しかし項羽はアタッカーに向いている。という状況であることが分かります。そのため3体目のサーヴァントとしては①カード構成がBQQQAもしくはBQQAA。②全体バフを持っている。③強化解除耐性を付与できる。というサーヴァントが欲しいです。そして項羽生存中はサポーターとして、項羽が倒れた後はアタッカーとして立ち回れる器用さが求められます。私がよく使う3人目は、セミラミス、ナイチンゲール(サンタ)、紅閻魔です。

 セミラミスはカード構成がBQAAAですが、虞美人と同じアサシンクラスでありパーティメンバーとして最適です。味方へのバフではなく敵へのデバフを持っているため、虞美人の宝具で強化解除が起こったとしても威力を落とさずに戦えます。弱点はスターの供給量が減ってしまう事なので、スター獲得のコマンドコードを付けて対応しています。

 ナイチンゲール(サンタ)はよりサポート向きのサーヴァントです。スキルだけならセミラミスよりもこのパーティ向きと言えるでしょう。クラスがアーチャーなため、敵がライダー以外の時に使用することが多いです。弱点は、スター集中度が高く虞美人のクリティカル率が下がってしまう点と、★4なのでステータスが低いという点です。スター集中系の概念礼装を虞美人に持たせています。ステータスのために聖杯をナイチンゲールに入れるか悩み中です。

 紅閻魔はサポート能力が高く、スター集中度も虞美人と同程度のため非常に使いやすいです。回避スキルを持っているため耐久力が高いのもポイントです。欠点としては、カード構成がBBAAQなためコンセプトからずれてしまう点です。スター獲得のコマンドコードで対応したいのですが、私は紅閻魔を持っていないため使用できません。そのため先の2体に比べ使用率は低いです。

 最後に後衛ですが、バーサーカーの項羽が最初に倒れるため、4,5体目はサポーター役としてバフ持ちのバーサーカー/キャスター/アベンジャー/ムーンキャンサーを配置します。6人目は敵のクラスに合わせたアタッカーを配置して完成です。

 虞美人は攻撃力が低い代わりにHPがものすごく多いため、レベル100にするとどのクラス相手でもしぶとく生き残ります。項羽もバーサーカーのためどのクラス相手でも火力を出してくれます。そのため、私は大抵のクエストをこのパーティで戦っています。常に推しと一緒に戦えるというのはとても嬉しいです。

 また、今回はセミラミス、ナイチンゲール(サンタ)、紅閻魔を紹介しましたが、アストルフォ(セイバー)、清少納言、シャルロット・コルデーなどを連れて行って「推しが3人!最高!」と言って遊ぶこともあります。スキルのかみ合いは微妙ですが、カード構成さえ合っていれば割と戦えます。

 

以上が私の推しパーティの解説でした。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー