ドビュッシー『月の光』の幻想的なハーモニーの秘密

こんにちは。インターンシップ生の生田です。

前回に引き続き、クラッシック曲の紹介をしていきたいと思います。

今回ご紹介する曲はドビュッシーのピアノ曲、『月の光』です。

引用元URL:https://www.youtube.com/watch?v=jEc_r33ODos

『ベルガマスク組曲』というドビュッシーによるピアノ独奏曲の第3曲です。

ドビュッシー自身もピアノの名手であり、本人による演奏も残っています。

ほとんどがピアニッシモで演奏され、切ない旋律のなかで高音が豊かに響き、光が降ってくるかのような印象を受けます。個人的には、まるで綺麗な言葉遣いの文学小説を読んでいるような心地のする曲です。

十五夜にこの曲を聴きながら月を眺めるのは心が浄化されるような気持ちがすることでしょう。目を閉じて聴いても、夜空の月が目に見えるような美しいハーモニーです。

ディズニー映画『ファンタジア』をはじめとした、多くの映画やアニメ、CMで使用されています。アニメ『四月は君の嘘』では心の動きがこの曲によって紡がれているような演出があり、非常に魅力的なシーンとなっています。

幻想的な月夜がイメージされるこの曲は、実はただ月の光を表現したわけではないようです。

フランスの詩人ヴェルレーヌによる詩集のなかの『月の光』という詩に感銘を受けこの曲を作曲したようです。この詩は、楽しいことや悲しいことなど様々な感情が織り交ざっているようなものであり、曲の中にもそういったカラフルな想いが込められていると考えられます。

また、当時の西洋音楽には規則がありましたが、ドビュッシーは規則には反してしまう音の響きが美しいと感じ、自分のその感性を信じてこの曲を作ったようです。当時の曲にしてはこの曲は異色ではありますが、規則違反の最初の和音は確かに美しく、聴く人を惹きつけます。

ピアニストの中でも人気があり、日本の超一流ピアニストであるフジ子・ヘミングさんも「夜に物思いにふけりながら演奏するのが好き」と語っていたようです。人によって表現に幅がある曲でもあるので、色々なピアニストの方の『月の光』を聴き比べてみるのも面白いと思います。

音を並べるだけであれば難易度の高い曲ではないので、ピアノを練習している方にもぜひおすすめしたい一曲です。夜空に輝く月のイメージと感情に浸りながら演奏したら、ご家族が聴き惚れてくれること間違いなしです。

冬の凍り付くような澄んだ空気の中の月をイメージするのもいいですし、蒸し暑い夏の日に虫の音をバックに演奏するのも風情がありそうです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー