女副部長のe-sports部裏話#5

皆さん、こんにちは。引き続き5回目をお話していきます。前回では学園祭でのe-sports部の活動についてお話させていただきました。今回は今後のe-sports部をお話していきたいと思います。

学園祭が終わった後、実は高知県でのスマブラ大会が開催されました。私たちはそちらに部員全員で参加、結果は部長は2.3勝ち進んでいましがそれ以外惜しくも初戦敗退という残念な結果に、。今回の大会で実力の差が見えてしまった私たちには大きな課題が出てきました。そしてもう一つの問題が、それは部の存続の危機、現在の部員は2年生の方々ばかりで来年には卒業してしまう。私たちは部員の確保に追われていました、幸いなことに学園祭のスマブラ大会予選に出場してくれた方がたまに遊びに来てくれるようになったので、私たちは必死に勧誘し部への入部へとつながることができました。冬の間は学校自体がないのと試験対策のため部の休部が重なり、部員勧誘の勝負は春にということになりました。

そしてなんと嬉しいことに、今年は予算が下りるということで私たちは歓喜とともに予算をどうするかということになりました。今年からはSwithに加え新たにPS4のゲームタイトルを導入しようとなりましたが、またもや大きな問題が・・・1人につき1台のPS4では最低でもあと3台、4台のPS4とモニターが必要に、そこまでの予算は出せないと思い悲痛な思いの中、もう1台Swithを購入することに。

そんなこんなで春が来ました。自粛期間のこともあり、部活再開はつい最近のこととなったのですが事前に作ったポスターを全学科へと配布、すると嬉しいことに数名の入部希望者が、その方々の話を聞いていると最近ではやはりPS4を使用してゲームをしてるとのこと。その話を顧問にすると、なんとPS4を2台用意してくれるとのこと。これで今年はSwithでスマブラ、PS4で3人のチームを組んでできるものという部活方針が決まりました。

また今年度は、もっと積極的に活動していくということでe-sports部主催のゲーム大会を定期的におこなおうという形に、まだ詳しくは言えませんが誰でも持っている機器での予定です。

いかがだったでしょうか。今回の記事は終了です。

専門学校生活は短いのでなかなか部活に入ったりする方やイベントに参加してくれる方は少ないのですが、こちらからもっと大々的にアピールをすることで、なんやこの部活楽しそうやな、と思っていただけたり、これを機にこの学校に入りたいと思ってくれる人がいればいいなと思って活動しています。残り学生生活少ないですが、目一杯楽しんでいこうと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー