こんなことで!?防大生怒られ目録

こんにちは。
今回は防大でやってはいけないことについてご説明します。

・官品放置
官品とは国から貸与されている物品、すなわち制服や課業カバン、背嚢や毛布等を指します。これらをどこかに放置してしまうと「官品放置」となり、上級生から呼び出されることになります。よくあるのが「トイレの荷物掛けに帽子を掛けたままトイレを出てしまった」「机の上に帽子を置いたまま席を離れてしまった」などの事案です。
類似のものして「貴重品放置」もあります。財布やスマホ、身分証等を机の上に置いてその場を離れてしまうとアウトです。筆者は入校してすぐに、胸ポケットの中のお守りに入れていた緊急連絡用の十円玉を狩られて呼び出しを受けました。

・身分証紛失
他人に迷惑をかけない範囲では最も重罪です。自衛官の身分証が万が一にも悪用されたら大事になるというのは想像に難くないでしょう。実際、防大生は身分証を見せれば横須賀の米軍基地に入ることができます。学生は身分証を無くさないように身分証ケースをチェーンで服の内側に留めたり、落としてしまってそれが拾われた時用の手紙と封筒を身分証ケースに入れていたり、様々な工夫を凝らしています。

・異性の部屋に入る
男子は女子の、女子は男子の寝室に入ってはいけないというルールがあります。居室なら入ってもOKですが、異性が居室にいる際は居室のドアを完全に閉めてはいけません。常にドアストッパーで少し開けておく必要があります。

・食事、風呂をサボる
時間が無いからと言って、食事を抜いたり風呂に入らなかったりすることは例えたった一回であっても許されません。衛生と健康は何より重要視されます。防大では体調不良の学生はきちんと休むよう徹底されています。

・点呼に遅れる
毎朝晩の点呼に遅れるのは言語道断です。しかし休日の点呼、とりわけ日曜夜の日夕点呼に遅れそうになる上級生は今まで何度も見てきましたし、本当に点呼に遅れて停学や退学になった人も居ました。お酒が飲める年齢になった上級生がやりがちな事案です。

・脱柵
脱柵とは正当な手続きを踏まずに防大から逃げ出すことを指します。学生が敷地内から消えた、という状況になったら自殺、脱柵両方の可能性を見据えて捜索が始まります。脱柵が起きれば全学生で懐中電灯を持って敷地内を捜索することになるのでかなり大騒ぎになります。日本の自衛隊と警察は優秀なので、脱柵した学生は100%どこかで確保されます。

以上、今回は怒られる理由の中でも主要なものをご紹介しましたが、これ以外にも情報共有の不足、報告書の不備など怒られる原因となるものは数え切れないほどあります。

次回は防大生の休日の過ごし方についてお話ししたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー