女子率10%!意外と多い女子学生事情

こんにちは。

今回は防衛大の女子学生(通称女学)についてお話しします。

防大生の女子比率は10%程度と、その辺の一般大の工学部などよりかなり高い割合となっています。しかしこれは文理合わせた人数の比であり、理系の女子率は40人中1~3人、文系の女子率は40人中10人程度とかなり偏りがありました。ちなみに、一学年の班の中には女子が1人もいない班もありました。

学生舎の片側に女子トイレや女子シャワー室がまとまっており、女子部屋もそれに合わせて学生舎の片側に配置されます。トイレは各階にありますが、洗濯室やシャワー室は2フロアに一個です。ちなみに、同じ学生舎と言っても中身は大隊ごとに違います。私の居た大隊の学生舎は調理室が西と東に一つづつありましたが、隣の大隊に行ったら大きい調理室が1フロアに一つあるだけでした。

女子学生だからといって男子と違うことは特になく、皆平等に同じ訓練を受けます。一つ違うのは許可されている髪の長さの違いで、女子の髪の長さは「ベリーショートでもみあげが耳の半分にかからない程度」と指定されていました。この髪型と、一学年の「外出する際は必ず制服」といったルールのせいで出先で男子に間違えられる女子が非常に多く、私も手相占い師に男子だと思われたまま占われてしまったり、同期が制服のスカートを履いているにも関わらず街中で子供に男と間違われたりと、この手の事案は後を絶ちません。二学年以上になると、髪を伸ばす権利が与えられます。伸ばした場合は後ろでお団子にして、ネットでまとめる必要があります。

これは女子だからということはないのですが、防大は何かと身長順に並ぶことが多く、しかも小学校などと違い身長の高い学生を前に、低い学生を後ろに配置するので女子は前の様子がまったく見えないことも多いです。

また、毎週金曜日には土日分の食料(カップ麺やレンジでできる鶏めし、缶の飲み物など)が配布されるのですが、これは男子学生基準の量が配られているため女子にとっては若干多いです。なので放っておくと食料棚がいっぱいになってしまいます。そういう人は、他の部屋の男子が時たま大袋を持って余剰食料を回収しに来るのでその時に余った分を全部渡してしまいます。win-winの関係ですね。

結論としては、防大は女子が女子だからといって不利益を被ることはありません。ただ、やはり女子は男子と比べて身長も低く筋力もそこまで付かないので、それで苦労することはあります。しかし男女関係なく、同期は助け合えという指導が徹底しているため、見捨てられることはありません。努力できる人物は性別関係なく尊敬されます。これから防大に入ろうとしている女子の皆さんは、安心して防大に入ってきてください。

次回、最後になりますが防大を辞めていく人について書きたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー