阿頼耶識システムについて

今日は、ガンダム・フレームなどの操縦に使われた阿頼耶識システムについてお話します。

阿頼耶識システムとは、厄災戦時代にMS(モビルスーツ)のコクピットに採用された有機デバイスシステムです。
本来は宇宙作業機械の操縦用に開発されていましたが、MA(モビルアーマー)に対抗するためにMSの性能を限界まで引き出すことを目的とし、軍事転用されました。

パイロットである人間の脊髄にナノマシンを注入し、ピアスと呼ばれるインプラント機器を埋め込みます。
そのインプラント機器と操縦席側の端子を接続し、ナノマシンを介してパイロットの脳神経と機体のシステムを直結させます。
阿頼耶識システムを使うことで、直感的かつ迅速的な機体操作が可能になります。
この阿頼耶識システムは、いわゆるブレイン・マシン・インターフェースです。
簡単に言うと、「殴りたい」と思えば殴る動作を行い、「銃を撃ちたい」と思えば視認した敵にめがけて銃を撃ってくれます。
これにより、マニュアルを読まなくても操縦が可能になります。
つまり、文字が読めない人でも阿頼耶識システムによって、操縦が出来てしまいます。
さらに、人間と同じような動きが出来るため、プログラムに縛られない操作が可能になります。

しかし、この阿頼耶識システムにはデメリットも存在します。
MSの機体から送られてくる処理情報が大きいため、脳に負担を与えてしまいます。
これによって、パイロットの意識がない状態でリンクを切断したり、過負荷を無視して機体との接続を優先した場合は身体機能に障害が残る危険性があります。

アニメ本編では、阿頼耶識システムは非人道的システムとして使用が禁止されています。
しかし、少年兵やヒューマンデブリと呼ばれる人達の間に使用されております。
ヒューマンデブリとは戸籍のない子供たちのことで、簡単に言うと奴隷です。

ここからは、アニメ本編に出てきた阿頼耶識システムの種類について話していきます。

一つ目は、オリジナルの阿頼耶識システムです。
これは、厄災戦時に使われた阿頼耶識システムと全く同じものです。
アニメでは、唯一そのままの状態で残してあるガンダム・フレーム1号機、ガンダム・バエルに搭載されています。
厄災戦時代の性能を完全に再現されているのが、ガンダム・バエルのみです。
アニメ2期の終盤に、このガンダム・バエルはマクギリス・ファリドによって起動されます。

二つ目は、流出した阿頼耶識システムです。
アニメ内では最も広く使われたタイプです。
誰が流通しているのかは不明です。
圏外圏の民兵組織や海賊などに使われている技術です。
質が悪いため、成長期の子供にしか定着できないとされています。
施術可能な年齢は分かっていませんが、アニメ2期の序盤から17歳以上では無理ということは分かっています。
ヒューマンデブリのような行き場のない子供たちに、無理やり施術を行われています。
しかし、この施術で拒絶反応により死んでしまう子供や、中枢神経に障害を負うものが多くいます。
施術を受けた4割が失敗するなど、成功率は極めて低いです。
稀に複数回の施術を耐えられる人物が出てきます。
主人公である三日月・オーガスは3回施術を行い、成功しています。
3回の成功により、オリジナルの阿頼耶識と同等の性能になります。

三つ目は生体ユニット化した阿頼耶識システムです。
これは、瀕死の重傷を負った大人であるアイン・ダルトンに使われました。
アイン・ダルトンのバストアップ部分以外を切断し、培養液漬けのコクピットと一体化させたものです。
残った生身の肉体も、怒ったような口調にも拘わらす表情が無表情のことから、心肺機能以外は無いものと考えられます。
アニメでは1期のラスボスとして登場します。

四つ目は阿頼耶識システムTYPE-Eです。
これは、ガンダム・ヴィダール及び換装後のガンダム・キマリスヴィダールに使われました。
このシステムは、三つ目で紹介された阿頼耶識システムと、死亡したアイン・ダルトンの脳をそのまま組み込んだものです。
阿頼耶識と搭乗者の間に第三者の脳を介することで、パイロットの脳への負担を気にせず使用することができます。

今日はこのあたりで終了します。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー