鉄華団について(1)

今日は、主人公たちが所属している組織の鉄華団についてお話します。

今回は、鉄華団の成り立ちから地球圏に着くまでを説明したいと思います。

鉄華団とは、元々火星の民間警備会社CGS(クリュセ・ガード・セキュリティ)の参番組です。
参番組は少年兵を中心に編成された非正規部隊です。
その部隊長のオルガ・イツカを含めた主要メンバーがクーデターを決行し、組織を掌握したことがきっかけです。

掌握した組織をオルガ・イツカが「決して散ることのない鉄の華」という意味を込めて、鉄華団と命名しました。

最初に、クーデターについて説明します。

参番組は、元々非正規部隊という立場から、CGSの大人達に不当な扱いを受けていました。
使い捨ての駒として危険な任務を従事されるだけではなく、常に差別や暴力を受けていました。
そんな中、とある人物の護衛任務をCGSが請け負いました。
これが鉄華団になるきっかけです。
護衛人物はクーデリア・藍那・バーンスタインという火星の独立運動を指揮する令嬢です。
この令嬢を地球へ向かう護衛の準備の中、ギャラルホルンという組織が襲撃を仕掛けます。
この襲撃により社長や主力部隊達は、事態の処理を少年兵で構成される参番組に押し付けて逃亡します。

参番組はこの危機に対して、CGSの動力炉として使用されていたMS(モビルスーツ)ガンダム・バルバトスを使用し、ギャラルホルンを撃退しました。
ガンダム・バルバトスを動かしたのは主人公である三日月・オーガスです。

この戦闘後にCGSの大人達に対してクーデターを決行し、会社を乗っ取りました。
この大人達は、クーデターの際に数名殺害された以外はほとんど退職しました。

以上がクーデターについてです。

次に、鉄華団結成直後の活動について説明します。

まず、鉄華団は資金難に直面しました。
これには、社長が基地の現金の大半を持ち出して逃亡したからです。
残った資金も退職希望者への退職金や、ギャラルホルンから受けた損害の補填などに充てたからです。
しかし、クーデリア・藍那・バーンスタインのスポンサーであるノブリス・ゴルドンの援助を見込んで、護衛任務を続行しました。

次に、地球に向かっている途中で遭遇したタービンズという組織の紹介から、木星の複合企業であるテイワズの傘下に入りました。
これによって、ギャラルホルンの監視かない裏航路を通って地球圏へ到達しました。

最後に戦力について説明します。
鉄華団の戦力はMSとモビルワーカーです。

MSはガンダム・バルバトス、ガンダム・グジオンリベイク、グレイズ改です。
なお、グレイズ改は途中でパイロットが変わって流星号に名前が変わります。

モビルワーカーとは厄災戦後の世界における主要兵器及び作業機械です。
イメージといては装甲戦闘車両です。
MSよりも戦闘力はとても低いが、安価で数を揃えやすいメリットを持っています。
さらに、MSの持ち込みが禁止された都市部でも運用可能です。
このことから、普及台数は非常に多いです。

今日はこのあたりで終了します。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー