鉄華団について(7)

今日は鉄華団について前回の続きからお話します。

今回は、マクギリス・ファリド事件の最後まで説明します。

ガンダム・フラウロスによるダインスレイヴの攻撃を失敗してた万策尽きた鉄華団。

三日月・オーガスの邪魔をするジュリエッタ・ジュリスの行為に三日月・オーガスは完全にキレました。
少しずつジュリエッタ・ジュリスを追い詰め、最後は重傷を与えます。

一方、マクギリス・ファリドはガンダム・バエルに搭乗し、ガエリオ・ボードウィンが搭乗するガンダム・キマリスヴィダールと戦っていました。
しかし、マクギリス・ファリドは手を怪我しており、一瞬の隙が出来てしまいます。
その隙を見逃さなかったガエリオ・ボードウィンがとどめを刺そうとしましたが、石動・カミーチェがマクギリス・ファリドを庇い戦死します。

この戦闘はラスタル・エリオン側の勝利となりました。
鉄華団と革命軍は火星支部に撤退します。
マクギリス・ファリドは火星の戦力を使って、もう一度決戦を仕掛けようとします。
しかし、ラスタル・エリオンの手廻しによりマクギリス・ファリドは、すべての権力を奪われてしまいました。
そのため、ガンダム・バエルがあっても火星支部の力を借りることが出来ませんでした。
鉄華団も先ほどの戦闘で物資のすべてを吐き出したため、じり貧になっていました。

火星は鉄華団の本拠地であり、オルガ・イツカは他の鉄華団の幹部たちと今後の相談を始めます。
この時に、マクギリス・ファリドとガンダム・バエルをラスタル・エリオンに売り渡そうと話します。
しかし、ラスタル・エリオンがマクギリス・ファリドと鉄華団が繋がっていることを公にし、鉄華団のイメージ悪化を図りました。
オルガ・イツカは団員達に鉄華団の退団を進めました。
実際に、表立って退団する意思を示したのは一人だけでした。
さらに、オルガ・イツカはテイワズのマクマード・バリストンを介してラスタル・エリオンと連絡を取りました。
オルガ・イツカは自身とマクギリス・ファリドの身柄を引き換えに団員達の助命を請うが、ラスタル・エリオンは拒否しました。
理由としては、ギャラルホルンの権威回復のために鉄華団を生贄とするからです。
鉄華団に手がなくなったと思いましたが、クーデリア・藍那・バーンスタインが個人IDを書き換えて別人になれば生き残れることを言います。
結果として、IDを書き換えるために地球に向かうことが決まりました。

オルガ・イツカは蒔苗・東護ノ介や元タービンズのメンバーの助力を借りることで全員が生き延びる道を見出しました。
しかし、アドモス商会を見張っていたノブリス・ゴルドンの部下の銃撃を受けてオルガ・イツカは死亡します。

一方、マクギリス・ファリドは単身でラスタル・エリオンの首を狙ってアリアンロッド艦隊に突撃します。
しかし、ガエリオ・ボードウィンとの死闘の末、戦死してしまいます。

火星では、三日月・オーガスと明弘・アルトランドは最後まで戦場に残り、団員達が地下通路から脱出するまでの時間を稼ぎます。
しかし、大気圏外からのアリアンロッドのダインスレイヴによる狙撃を受け、瀕死の重傷を負ってしまいます。
それでも二人は抗おうとし、大破したガンダム・バルバトスルプスレクスとガンダム・グシオンリベイクフルシティは戦いを止めません。

明弘・アルトランドにはイオク・クジャンが張り付きました。
そして、イオク・クジャンの名前を聞いた明弘・アルトランドは、最期の攻撃をしてイオク・クジャンをMS(モビルスーツ)ごと潰します。
この攻撃の後に、明弘・アルトランドは戦死してしまいます。

三日月・オーガスはジュリエッタ・ジュリスと交戦しました。
沢山の一般兵を倒していましたが、既に意識が朦朧とし、最後はジュリエッタ・ジュリスに倒されてしまいます。

こうして、鉄華団はギャラルホルンに表向きは討伐されました。
これで、マクギリス・ファリドが起こした騒乱は終了します。
しかし、脱出した鉄華団の団員達は別人となって生きています。

今日はこのあたりで終了します。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー