カービィ好きが語るカービィ好きな曲3選(ラスボス編)

こんにちは!インターン生の矢内龍平です。今回もカービィの好きな曲を紹介していきたいと思います。

今回はラスボス前編です。

*今回は作品のネタバレも含まれています、ご了承ください。

1.ダークマインド戦(星のカービィ鏡の大迷宮より)

最初に紹介する曲は鏡の大迷宮のラスボスダークマインド最終形態の曲です。ダークマインドは普段魔人の姿をしたボスですが魔人形態のダークマインドと4回も戦い5戦目でようやくその正体を現し、この曲と共にラストバトルが始まります。太陽に目がついたような不気味な見た目に終末感のある背景に鏡の大迷宮の音源特有のウネウネした音がマッチしており、ゲームボーイアドバンスのカービィらしく熱い曲になっています。

2.回歴する追憶の数え唄(星のカービィロボボプラネットより)

次に紹介するのはロボボプラネットのラスボス、星の夢第三形態の曲です。詳しい説明は長くなってしまうので省きますが生命を滅ぼそうとする星の夢が超巨大な母艦と合体し新たな機械の星となり、カービィはメタナイトの戦艦ハルバードをロボボアーマーでコピーする事で星の夢に立ち向かいます。第二形態と戦っていると星の外装が徐々に剥がれ落ちるのですが、第三形態で外装の中身が、スーパーデラックスを遊んだ人なら知っているであろうギャラクティック・ノヴァの顔が出てきて、タイトル画面に流れる曲のイントロからこの曲が始まります。完全に機械チックな音に加えパイプオルガンの音が不気味さと絶望感を演出してくれます。そして曲の後半になるとギャラクティック・ノヴァ戦の前半部分がバグっているような音で流れ、サビで激しいギターが鳴りクライマックスを演出しループの直前で静かになり再起動するかのように激しさを取り戻すという一曲に様々な音が盛り込まれた素敵な曲です。是非聞いてみてください!

3.組曲:星羅征く旅人(星のカービィスターアライズより)

今回最後に紹介する曲は最新作のスターアライズのラスボス、エンデ・ニルの曲です。この曲は、組曲の名の通り4つの楽章で構成されており、第一楽章:星砕きの戯れ、第二楽章:胚子の器、第三楽章:哀と渾天の翼、第四楽章:生誕の希望があります。エンデ・ニルはカービィのボスとしては初めての神様でありその不気味な容姿と巨体にあった曲になっています。第一楽章から第3楽章まではPlayer song to Godをベースに、第一楽章では神としての威圧感を感じるバイオリンとピアノの音、第二楽章ではエンデ・ニルのコアとの戦いをイメージした間奏、第三楽章では翼を広げ空を飛ぶエンデ・ニルをパイプオルガンで神々しさを強調しています。そして第四楽章では真の姿を現したエンデ・ニルのコアとの決戦をモチーフにグリーングリーンズ、Player song to Godのロックアレンジという、激しい曲調に変わります!まさに決戦といった雰囲気で熱い展開になっています!全ての楽章を一気に聞くだけで印象が変わるので是非聞いてみてください!

今回はここまでです!気になった曲はありましたか?あったのなら是非聞いてみてください!

次回は今回語りきれなかったラスボス曲を紹介します!

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー