チュウニ歴5年が語る好きな譜面5選 その1

初めまして、チュウニズムを5年やっているにもかかわらず金レ(14.70)のプレイヤーです。そんな虹レに乗れない苦しみを背負っている私が好きな譜面を紹介していきたいと思います。今回はORIGINAL譜面を中心に紹介していきます。

その1

心象蜃気楼 

難易度 11

一番最初に紹介させていただくのはOrangestarさんが作曲した心象蜃気楼です。難易度11なので、初心者でも程よい難易度で遊べてなおかつ曲がきれいでとても楽しく遊ぶことができます。11の中では左右に動くの方だと思うのでこの曲を遊んでチュウニズムというゲームに慣れていくのが私のおすすめです。曲で選んでもよし、譜面で選んでもよし、な曲となっています。

その2

ウソラセラ

難易度 12

次に紹介させていただくのはピノキオピーさんが作曲したウソラセラです。この曲も難易度12と書いてある通りの難易度になっているのでリズム取りやすくて癖がないので気持ちよく遊べます。難易度を順番に上げて遊んでいる方にはおススメです。序盤の方だけですが譜面でSOSと作って遊んでいるところも見どころの譜面ですね。(あと個人的に作曲者さんの曲が好きです)

その3

時の冒険者

難易度 12+

お次は40mpさんが作曲した時の冒険者です。12+の難易度としては物足りなくなる人もいると思いますが12+の入門曲としてはとてもおススメできます。序盤では左右で違うリズムをとったり終盤では少し抜けやすいスライドがあったりと12+の難所がしっかりとあるので少し頑張ればフルコンボが取れるようになっています。そして、いろいろな譜面に慣れたころにプレイしてみると、とても素直な譜面に感じるので自分の実力が上がってるのが実感できてさらに楽しくなります。

その4

ユメキキョウ

難易度 13

この曲はRD-Soundsさんが作曲しました。難易度は13で、数字の通り難しくしかし楽しい譜面に仕上がっています。サビの跳ねるような動作はたのしいですね。終盤の連打や、終始指でノーツをとることが要求されるのでそこは集中してプレイすることが大事になります。曲は和ロックといった感じできれいかつかっこいい曲です。歌っている人の声もきれいでかっこいいのでずっと聞いていられます。

その5

エンドマークに希望と涙を添えて

難易度13+

この曲はcosMo@暴走Pさんが作曲しました。稼働初期からある曲で難易度は13+、その13+の中でもいまだに最高峰の難易度です。正直言ってフルコンボどころかクリアするのですら厳しいレベルですよね。この曲を挑むのに走り込みをして体力をつけてから挑むくらいの意気込みでないと体力が持ちません。曲の長さが約2分半なのに対して、連打する時間の合計は大体1分ほどあり全体の3割程の間連打し続けている計算になります。その連打する時間を除いても激しい箇所が多く、体力を持っていかれるのでこの曲が終わるころには汗がダラダラの状態です。クリアするだけを目標にするなら、とにかくこの曲をプレイして力の抜き方を体で覚えるしかないです。ただ、曲はテンポもよく、聞いててストレスにはならないので疲れるのがわかっていてもプレイしてしまいますね。

ということで、今回はチュウニズムのORIGINALの私が好きな譜面の紹介をさせていただきました。最初から3曲の方はできるだけ簡単な曲を紹介したので良ければプレイしてみてください。ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事で興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー