チュウニズム歴5年が語る好きな譜面5選 その5

どうもチュウニズムを5年やっているにもかかわらず金レ(14.71)のプレイヤーです。最近少しずつ自己べを更新してきている私が好きな譜面を紹介してきたいと思います。今回はniconico楽曲から紹介していきたいと思います。

その1

テオ

難易度12

今回の最初に紹介させていただくのは、Omioさんが作曲のテオです。難易度は12と程よい難易度です。譜面は12らしくあまり難しい取り方を要求することがないので気楽にプレイできるのがいいところですね。かなり素直な内容で手を交差させるところはありますが、サビ前なので激しくない箇所でするので難しくはなく見たまんまでとれるのが楽しいですね。

その2

ミリオン/ワンズ

難易度12+

次に紹介するのは、じんさんとkemuさんのコラボ曲です。難易度は12+で、少し激しい曲です。慣れるまでは忙しく感じるかもしれません。トリルと連打が少し多めで交差がそこそこ織り交ざっている感じなのでとても楽しい譜面です。曲もかなり良くて曲を聴くためにプレイすることもあるのでとてもおススメです。

その3

ラクガキスト

難易度13

この曲は、cosMo@暴走Pさんの曲です。難易度は13で、連打が多くかなり難しい譜面です。正直めちゃくちゃ疲れますがプレイしてとても楽しいです。サビと最後以外は割とやさしめなのでしっかり回数を重ねて慣らしていけば高得点は取れると思います。

その4

初音ミクの消失

難易度13

次に紹介するのも、cosMo@暴走Pさんです。こちらも難易度は13で、同じく連打がかなり多いです。ただ、先ほどのラクガキストよりも連打する時間が長く、さらに縦連も入ってくるので苦手な人はとことん苦手な譜面だと思います。何回もプレイして理解していけば点数を取れるようになる譜面です。

その5

初音ミクの激唱

難易度13+

最後に紹介するのは、Stirytellerさんの曲です。こちらの難易度は13+で、この譜面も連打が多めです。序盤はそこまで連打はしないのですが、サビからは連打だらけで極端に取るのが難しくなります。連打だけでなく縦連も追加されるのでとても凶悪ですね。それでも楽しいと思うので疲れるのを覚悟でプレイしてしまいます。

ということで今回はniconico楽曲を紹介させていただきました。紹介した曲以外にも有名な曲も多いので紹介した曲以外もプレイしてみることをお勧めします。ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事で興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー