「エキゾチックで神秘的な国」

こんにちは!インターンシップ生の浦嶋桃夏です。

皆さんは海外旅行に行くとしたらどこを訪れたいですか?定番のハワイや韓国、フランスなども素敵ですが、私はトルコをおすすめしたいと思います!今回は、私がこれから流行る旅行先と予想するトルコの魅力をお伝えします。

トルコとは?

アジアとヨーロッパにまたがり、国土面積は日本の約2倍という広さを持つ国です。そのためアジアやヨーロッパの様々な文化が混ざり合う異国情緒漂う国です。人口は約8000万人で国民の大部分をイスラム教徒が占めています。公用語はトルコ語です。日本とは歴史の各場面で助け合ってきたという背景があり、親日的です。気候が比較的に安定している観光のベストシーズンは6月~9月なので夏の旅行にぴったりです。

おすすめポイント① とにかく映える!

 トルコ最大の都市であるイスタンブールにはイスラム教の宗教建築であるモスクが数多くあります。ディズニーランドのシンデレラ城のようなモスクを囲う塔とアラジンを彷彿とさせる丸い天井部分はとても豪華で写真映えすること間違いなしです。特におすすめは世界で最も美しいモスクとされている「スルタンアフメット・ジャーミイ(ブルーモスク)」です。外観の美しさはもちろんのこと、200色以上使用されているステンドグラスと2万枚以上のタイルで作られる空間はとても神秘的です。スルタンアフメット・ジャーミイの他にも素晴らしいモスクはたくさんあるので、モスクだけを目的にしてもトルコに行く価値はあります。

 映えるスポットとしてもう一つ外せない場所が、世界遺産にも選ばれている「パムッカレ」です。長い歳月をかけてできた100以上もの石灰棚からなる温泉です。パムッカレとはトルコ語で「綿の城」という意味で、古くから綿の産地であったことから名付けらたといわれています。昼間は空の青を反射して青く輝き、夕方には夕日によって赤く染まります。なんとこのパムッカレは世界遺産であるのにも関わらず、実際に入って石灰棚を登ったり泳いだりすることもできます。

おすすめポイント② 可愛すぎるお土産

 お土産として多くの伝統工芸品が売られているので、日本ではあまり出会えないようなエキゾチックで素敵なデザインのものが多いです。香水瓶や食器、絨毯やランプ、アクセサリーなど雑貨好きの方なら永遠に見ていられるくらいの種類があります。また、家に飾りたくなるようなモザイクランプは500円から~2000円ほどで購入出来たり、おしゃれなチャイグラスや陶器が400円ほどで購入出来たりとお土産の値段が比較的に安価なところも魅力の一つです。帰りは荷物が増えてしまうこと間違いなしなので大きめのかばんで行くことをおすすめします。

番外編 日本でトルコ!

 「海外旅行なんてすぐに行けない!」という方もいらっしゃると思います。安心してください!日本でもトルコを味わえるお店があるんです。東京の西日暮里に「ザクロレストラン」というお店があります。このお店はトルコ・ウズベキスタン料理を提供しているお店なのですが、お料理がトルコなだけでなく、店内がトルコからの輸入雑貨で飾られており、とてもきらびやかです。気に入ればそれらの雑貨を購入することもできます。そして、なんといってもここのお店の特徴はトルコ人店主です。とても陽気な方で、流暢でちょっぴり失礼な日本語を大きな声で話しながら料理をこれでもかというほど運んできてくれます。店長のトーク力に流されて気付けば隣の席の人とも仲良くなっています。ショータイムではベリーダンスを見ることができ、店長と目が合うとそのショーに強制参加させられます。舌でも目でも耳でも体でも、日本にいながらトルコを体験できます。

今回は穴場観光としてトルコをご紹介しました。人良し、景観良し、味良しのとても素敵な国です。トルコに行く前の練習としてザクロレストランにもぜひ訪れてみてください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー