実際にあったこんなお客様はいやだ!! 景品編(2)

こんにちは!インターン生の佐野琉磨です。今回は前回の続きで実際にあったこんなお客様はいやだ!!をご紹介していこうと思います。

4.景品ドアを開けたときに手を入れてくる人

これはスタッフが景品を置きなおししているときにされますね。スタッフに許可を求めてからならまだいいのですが、勝手に手をいれて「ここに置いてよ」なんて言ってきます。スタッフとしてはまだ商品の状態の物を勝手に触られるのはすごく嫌な気分になります(個人差はあるかも)。後は仕掛けを勝手にいじったり触ったりですね。中をよく見てもらったら分かると思うんですけど仕掛けによっては透明のテープが貼ってあることはよくあります。それを触って「こんなん絶対動かんやん」。お決まりのセリフですね。まあどちらにせよ勝手に手を入れるのはご法度です。感覚としては時計屋のショーケースに手を突っ込んでいる感じですね。ちゃんと許可さえとれば全然大丈夫だと思うんでスタッフに一言お声かけください。

5.一回するたびにスタッフを呼ぶ人

これは時と場合によります。何が嫌かと始めたばかりの時ですね。何回もやって苦戦している人はスタッフ側からすると頑張って取って帰ってもらいたいです。なので遠くにいったり形が崩れたりしたらすぐに置きなおししたりするんですが、始めたばっかでこれをされるともう少し頑張れよ!って感じになります。できればこんなことできないかな、ここ持ったら動きやすいなと少し自分なりに取り方を考えてほしいです。

6.動画を取っている人

これは意外かもしれないですが、結構嫌だったりします。皆さんもYouTubeなどで乱獲だったり、取り方講座の動画を見たことある人もいると思います。実際に自分もみています。動画を取っているのは様々な理由があるとは思うんですが、一番嫌な使われ方は状況証拠としてクレームを言ってくるパターンです。結構景品のパワー調整って難しくって、この向きの時は動かないなんてことはよくあるんですよね。なので動かない時は「向きによっては動かない時があるんですよ~」と説明して向きを変えます。お店によってはもともとカメラ撮影お断りなんて書いてる店もあるんで気を付けてください。書いてない店も一様許可は取ってるほうがいいかも…。

こんな風に皆さんが何げにやっていることがスタッフには嫌なんてことは結構あります。めんどくさいお客様にあった時は逆に取らせるかって感じに思うこともあるので十分に気を付けてください。並大抵のことはスタッフに許可をとれば大丈夫だと思うので一言声をかけてくださいね。次回は実際にあったこんなお客様はいやだ!! メダル編を話していきます。お楽しみ下さいね。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー