ゲーセンがより楽しくなる方法 景品編(2)

皆さんこんにちは!インターン生の佐野琉磨です。今回はUFOキャッチャーの金額設定についてお話していこうと思います。

まず皆さんはUFOキャッチャーの景品の単価って何円くらいだと思いますか?接客していてよく耳にする金額だと、皆さん1000~1500円と思っている方が多いようです。でも実際の金額はなんと約800円です。千円もいかないんですよね。実は、これは法律で決められていて

//引用はじめ

「遊技の結果が物品により表示される遊技の用に供するクレーン式遊技機等の遊技設備により客に遊技をさせる営業を営む者は、その営業に関し、クレーンで釣り上げるなどした物品で小売価格がおおむね800円以下のものを提供する場合については…『遊技の結果に応じて賞品を提供』することには当たらないものとして取り扱うこととする」

//引用終わり(参照URL https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20171225-00079650/%EF%BC%89

つまり、800円以下の景品であればお金を使っての商品獲得は大丈夫ですよってことです。なのでゲームセンターをチェーン店として展開しているお店はこのルールに乗っ取ているので、正規品のフィギュアやぬいぐるみなどを景品として扱っているんですね。たまに都会の駅近などで店名が分からないようなUFOキャッチャーのお店がありますよね?ああいうお店に入っている景品は大抵イラストがプリントされた財布やカバンなどが置いてたりします。景品でゲーム機を置いている店もありますね。これらは大丈夫なのか?と言われると自分も法律に詳しいわけではないので分からないのですが、もしかしたら法律の小さな隙間を使ってうまいことしてるのかもしれないですね。話を戻しますがへ景品の単価は約800円なのですが、お店側はここからさらに利益を得るために一個あたり大体何円くらいでとってほしいのかを設定します。おそらくお店によって金額設定も変わってくると思うのですが、どのお店も約3000円くらいで設定していると思います。なので自分は3000円以内で取れたら上出来だとは思っています。

ここで皆さん疑問に思うことがあるかもしれないですが、「UFOキャッチャーって確率機じゃないの?」ということです。ぶっちゃけっていうとトリプル(三本爪のアーム)は確率機ではあるとは思います。でも勘違いしてほしくないのが、先ほども説明したと思いますが必ずしも3000円単位で景品が取れるわけではないです。持ち方とかやり方によっては早く取れたりもするので自分ではそういう意味で確率機と言っています。3000円というのは最低保証だと思って下さい。台としてはもう利益は取れてるからこの景品はゲットしてもいいよっていうことですね。でも中には5000円や6000円お金を入れても取れない時があります。これは今までの景品の取れるのが早かった場合に起こります。なぜかというと早かった分、機械としては利益が取れていないと認識されちゃって、次の景品の最低保証金額が前の足りない利益分も取ろうとするので高くなってしまうんです。なのであまり取られてすぐの景品は狙いにいかない方がいいですね。ということは、あまりお店側の立場としてはやってほしくないですが、前のお客様が結構やってて取れてない景品を狙ってみると早く取れる可能性が上がるということですね。どうせお金を入れるなら何かしたお得な要素が欲しいですよね?お店によっては500円をいれたらグッズをもらえたりするところもあるので、自分はそういのお店で景品を取ったりしています。

今回はこれくらいにしようと思います。次回はメダルでのより楽しく遊べる方法をしゃべっていこうと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー