インド人を右に!

みなさんこんにちは!インターン生の古賀凌太です。
マリオカートの少し変わった遊び方をご紹介してきましたが、残すところ今回を含めてあと2回となりました。
もしどんな遊び方を紹介するのか楽しみにしてくださっていた方がいましたら嬉しいです。

今までのゲーム内での変化を加えた遊び方は、通常のプレイとは操作や目的が異なるものをご紹介してきました。
今回は通常のプレイをベースにした、いわゆる縛りプレイをご紹介します。
今回ご紹介する遊び方は1人でも、誰かと一緒にやることでも楽しめると思いますので是非やってみてください。

今回ご紹介する変わった遊び方は「ドリフト禁止縛り!」です。
ドリフトの使用を禁止するという1点以外は通常のプレイと同じ環境でプレイする遊び方です。
ハンドル操作やスピードの調整を駆使しして曲がっていきます。
この遊び方は上級者の方が、コンピューターや初心者と一緒にプレイした際に白熱したレース展開を行うことができます。
お友達などとは同じ縛りでタイムアタックなどで対決してみても面白いかもしれません。

私はマリオカートにおいて初心者と上級者で最も差が出るのが「ドリフト」だと思っています。
マリオカートが上手な方はアイテムの駆け引きが上手いなど様々な要因が挙げられますが、その最たるものはドリフトなのです。
カーブでいかに内側を攻めて短い距離で駆け抜けるか、ドリフトによる加速を利用して距離を詰めたり引き離したりできるかです。
これはマリオカートに限らず、どのレースゲームにおいても言えることだと思います。
短い距離をはやい速度で走る、レースで勝つことにおいて間違いのない戦い方です。

これによって通常時よりも早い段階でのハンドル操作を求められますので判断力コースへの理解力が上がります。
一緒に遊ぶ人全員でこの縛りをしても楽しいのですが、より白熱したレース展開を求めるのであれば上級者のみが行うことをオススメします。
アイテムなどの運要素が通常時よりも結果に絡んできますので誰が1位になるか毎回わかりません。
はじめのうちは曲がり切れなくて場外に放り出されたりするかもしれませんが、お友達と一緒にやっているとそういった状況も盛り上がり楽しむことができます。

いよいよ最終回となる次回ではどんな遊び方を紹介するのか是非予想して楽しみにしていてください。
まだ過去にご紹介した遊び方をご存知でない方は過去の記事、動画の方を是非ご覧ください。
それではみなさん良いドライブを。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー