日本と韓国のLOLの違い

どうも、インターン生のハフンモクです。私はシーズン2つまり2012年からリーグオブレジェンドを楽しんでいる人です。 日本でも韓国でもリーグオブレジェンドを楽しんでいます。 それで日本と韓国でリーグオブレジェンドをプレイしながら私が感じた違いを紹介しようと思います。

まず、一番大きな違いはプレイヤーの数です。 現在、韓国のリーグオブレジェンドのプレイヤー数は約400万人で、日本のプレイヤー数は12万人です。 (2020.08.03)これは約33倍の差であります。 また、12万人の少ないプレイヤーの中でも外国人の割合が韓国のサーバーに比べて非常に高いです。 したがって、日本でゲームをするためには、マッチング時間がとても長くなります。 私は現在、日本でダイヤモンドですが、韓国では長くても3分でマッチングできますが、日本ではゲームをするためには短くても5分、長くて10分以上かかります。 これは日本サーバの短所であります。

そして、二つ目の違いはチャットです。 韓国のサーバーの一番の短所として考えられる部分であると同時に日本のサーバーの一番の長所だと思うことです。 日本のサーバーは暴言があまりありません。 小さなミスにもひどい暴言が飛び交う韓国のサーバーに比べて、日本のサーバーのチャットはとてもきれいです。 日本の人を思いやる文化が光っているところだと思います。 また、上に挙げた外国人の割合が高いことも、ここでは強みとして発揮しました。 日本のサーバーでプレイしてみたところ、日本のサーバーは英語で会話することが多くありました。 母国語ではなく英語で話すので、暴言が少なくなることにつながったと思います。

そして最後に日本のサーバは初心者がやりやすい環境だと思いました 。 リーグ·オブ·レジェンドは2009年10月27日に初めてアメリカで発売され、その後2011年12月4日に韓国で、最後に2017年3月1日に日本で発売されました。 それで日本は現在初心者がとても多いです。しかし韓国の場合は初心者がとても少ないです。低いレベルのプレイヤーとしても、ほとんどが初心者ではなくサーブアカウント人です。それにしたがって韓国の場合は初心者がこのゲームに足を踏み入れるのはとても難しいです。リーグオブレジェンドは10人で組むゲームで、リーグオブレジェンドはレベルが合わないとゲームに興味を持ちにくいです。 一方、日本はほとんどが初心者なので、このようなゲームをした経験がなくても始まりやすい環境というメリットがあります。

今回は簡単に韓国と日本のリーグオブレジェンドの違いについて紹介させていただきました。次回からはこの違いを詳しく説明していきたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー