操作は単純!ストリートファイター2の歴史

今回もストリートファイター2に登場するキャラクターの説明をしていきたいと思います。次はエリンギ頭で有名なガイルについてです。

ガイルも実はアメリカ出身のキャラで、こちらは80年代の軍人がモチーフになっております。ちなみに特徴的なエリンギ頭ですが、ジョジョの奇妙な冒険3部に登場するポルナレフというキャラがモチーフと言われています。私も初めて見たときは「ちょっと似てるかな?」程度の認識だったのですが、ガイルの記事を見ていたらモチーフがやはりそれだったということを知り、「やっぱり似せてたんだ!」と驚きました。

そしてコマンドですが、一定時間レバーを倒しっぱなしにする「溜め」と呼ばれるものなので、初心者には少し難しいキャラだと思います。しかし、通常技のキックがある程度リーチがあり、「←タメ→+パンチボタン」で出るソニックブームが出せなくても、しゃがんで中キックを押すだけで牽制が出来ます。さらに、対空もしゃがんで大パンチボタンを押すと上に強いアッパーが出るのでこちらも「↓タメ↑+キックボタン」で出せるサマーソルトキックが出来ないとしても通常技のみで立ち回れます。

これだけでも十分強いこのガイルですが、第1回で説明した「待ちガイル」戦法はノーリスク、ハイリターンなのです。コマンドが出来る人はその名の通り画面端で相手が来るのを待ってソニックブームを打ち続け、ソニックブームをジャンプで飛び越えてきたらサマーソルトで落とす、それを繰り返す戦い方が一番安定して勝てるので通常技を出して自ら相手に触れるよりその戦い方をするプレイヤーが流通しました。しかし、こういった「待ちガイル」戦法も崩す方法があり、サマーソルトが当たる少し手前で垂直にジャンプすることでサマーソルトを誘い、ジャンプしたと思ったガイルは当たらない距離でサマーソルトを振ることになり多大な隙を見せます。こうして、待ちガイルは対策する方法があるのですが、上級者はしっかり画面を見てる人が多いので、垂直ジャンプを見てサマーソルトを打たない人もいるということを忘れてはいけません。そこで生まれる読みあいもストリートファイター2などの格闘ゲームの醍醐味と言えるでしょう。

ちなみにこのストリートファイター2で猛威を振るったガイルですが、次回作であるストリートファイターZERO・ストリートファイター3では出番なし、ストリートファイター4でやっと出番があったと思いきやコマンドが増えておらずいまだ二つしか持たないという不遇なキャラになっています。

ということで今回はガイルについてでした。こうしてみるとインパクトのあるキャラですが、ストリートファイターシリーズにはあまり出ていなかったのですね。初めが強いと後々影が薄くなってしまうようです・・・

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー