神奈川県の素晴らしい観光地(横浜中華街)

こんにちは、インターンシップに参加させていただいている横山蓮と申します。よろしくお願いいします。

今回紹介していく観光地は横浜中華街です。横浜中華街は神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウンです。1955年以前は、唐人町や南京町と呼ばれていました。中華街の中には、地名を冠した路地(上海路、中山路、福建路など)が交差しており、各路地にはその地名の出身者が多いです。また、中区の中国人人口は6000人を超えるらしく、これは中区で登録されている外国人の4割ほどになります。
訳0.2平方キロメートルのエリア内に500点以上もの店舗があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっています。1866年から数えると150年強もの歴史をもつことになります。また、日本には、神戸南京町や長崎新地中華街などが存在し、それらとともに「三大中華街」と呼ばれています。
歴史としては、1859年に横浜が開港され外国人居留地が建設されました。欧米人とともに多数の中国人商人や取引仲介者など多くの中国人が来住しました。その後、横浜や上海、香港などの間に定期船航路が開設されると、中国人貿易商も来住し、移住地の一角に中華施設が多く建てられました。これが中華街の始まりでした。
1894年日清戦争が勃発した際に中国人のほとんどが帰国してしまったが、戦争が終わり1899年になると中国人は職業制限を受けながらも居留地外にも住むことを許されました。袁世凱に追われ日本に亡命した孫文もこの地で華僑にかくまわれながら革命活動を続けていました。ただしこの時期は中華街ではなくただの外国人街でした。なぜなら、この地区の総店舗数263軒中、日本人店149軒、欧米人店79軒に対して中国人店35軒であり、そのうち中華料理店はわずか5軒しかなかったためです。
一方1910年に名誉鑑で有名な広東料理店として5軒を挙げており、1900年以降一挙に中華料理店が増えました。
1953年には、横浜市と横浜商工会議所が中心となり、「チャイナタウン復興計画」が策定されました。1955年には中華街と書かれた大きな門が建てられ、それまでは南京街と呼ばれていたが、次第に中華街と呼ばれていくようになりました。1964年には石川町駅が開業され、多くの観光客が来るようになりました。
最近では2004年に電子マネーが使えるようになったり2009年には中国製品や食品の安全性が疑われていたり、不法なビラ配りや栗販売、露店を改善するために、街づくり団体連合が定めた街づくり協定」のルールに基づいたパトロールが開始されるなどの、安心して来街者が楽しめるようになっている。また、多くのイベントやおいしい中華料理や伝統品が売っていたりするので皆様も一度来てみてはいかかでしょうか

引用元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E8%A1%97

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー