神奈川県の素晴らしい観光地(カップヌードルミュージアム)

こんにちは、インターンシップに参加させていただいている横山蓮と申します。よろしくお願いします。
本日紹介させていただく神奈川県の観光地は、横浜市中区にあります「カップヌードルミュージアム」です。
カップヌードルミュージアムとは、安藤百福発明記念館(あんどうももふく はつめいきねんかん)の愛称であり正式名所は安藤百福発明記念館といいます。カップヌードルミュージアムには、インスタントラーメンのチキンラーメンやカップヌードルを展示しています。
カップヌードルとは世界初のカップ麺であるロングセラー商品であり、時代とともに起こった食の多様化によって、さまざまな風味の商品やBIGやミニなどのサイズ違いの商品がはつばいされています。このいずれもカップに熱湯を注いで3分で食べられるタイプであり、細麺と粉末スープとフリーズドライ化された具材が入っています。2011年時点では、世界80カ国で発売され、発売以降の累計販売数は310億食を突破し、その5年後の2016年では400億色を突破しました。また、チキンラーメンとは袋に入っている麺をドンブリなどの容器に入れてお湯をかけ、蓋をするか密閉するだけである。容器を別に用意する必要があるほかはカップ麵とほぼ同様の調理方法で、必ずしも鍋で煮る必要がない点が他の袋入りインスタントラーメンと大きく異なります。
カップラーメンが作られ始めたきっかけは、1966年にアメリカでチキンラーメンを販売しようとした際に、アメリカにドンブリや箸がなくチキンラーメンを砕いて紙コップに入れ熱湯をかけフォークで食べていました。その光景をチキンラーメンの開発者である安藤さんが目撃し、いつでもどこでもチキンラーメンが食べれるようにと、カップにラーメンが入ったカップラーメンが発売されました。
しかし当時はカップの材質が違ったこともあって「紙コップがくさくて食えない」などの苦情があったため現在の発泡スチロールでできたカップラーメンに代わりました。
これらの歴史をもっと深く知ることができたり、3000点以上ものカップラーメンのパッケージを見ることができるのがカップヌードルミュージアムです。ほかにも、開発者の安藤さんがたった一人でチキンラーメンを開発した際の研究部屋を完全再現したものが飾られていたり、世界にたった一つだけのカップヌードルを作れる体験工房などカップヌードルに関する展示物が多くあります。カップヌードルが好きな人にはたまらないものになっているのでぜひ一度来てみてはいかがでしょうか。

引用元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E7%99%BE%E7%A6%8F%E7%99%BA%E6%98%8E%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8_%E6%A8%AA%E6%B5%9C

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー