まるでゾンビの世界…

今回は私が2回目に立った舞台、

演奏曲第六楽章【病演】「ケッペキショウ」
について話していきたいと思います。

まずは、その前に…コスプレパフォーマンスと公演の違いについて先に説明しておきたいと思います。

コスプレパフォーマンスはイベントの出演者として参加し、お客さんからチケット料金などは頂かずに大体15分程度で行うものになっています。一方、公演として行う舞台は、お客さんからチケット料金を頂き、演劇場をお借りして、舞台のセットなどすべて用意したうえで1時間半ほど行うものになります。

なので、前回のFGOはコスプレパフォーマンス、今回のケッペキショウは1時間半と全く別のものといえます。

ところで、私たちは同人演劇を行っている劇団なのですが今回の原作は一体何なんだろうと気になる方もいると思います。(同人演劇とは何かについては#01の前半部分を見ていただくとわかると思います)

今回の原作は、ボーカロイドのGUMIの楽曲である、「ケッペキショウ」がモチーフとなっています。この楽曲のPVや歌詞を元に世界観を構築した脚本を用意して行う舞台になっています。

【GUMI】ケッペキショウ【オリジナル曲PV付】: https://www.youtube.com/watch?v=6kkSexCUzeA

ケッペキショウの大まかなあらすじとしては、日本中に蔓延した「死人病」という病気に対して様々な人々がそれぞれの考えを胸に戦うというようなお話になっています。

この舞台の中で私は志場 明(しば あきら)というキャラクターを演じました。

コスプレパフォーマンスは前回行いましたが、今回は1時間半の長丁場ですし、演劇なので、コスプレパフォーマンスにはなかったセリフなどが入ってきて、またもや初めてだらけの舞台でした。

始めは、1時間半という長い舞台でちゃんとセリフを覚えられるのか…戦闘シーンも入ってくるので本当に体力が持つのか…などの心配もありましたが、実際にリハーサルなどで行ってみると1時間半というものは案外あっという間でした。ただ、体力面ではなかなかつらい場面もありました。理由としてはこの公演は3日間にわたって計5回公演を行ったので、その分体力がどんどん削れて行きました…

でもやっぱり楽しい!!!!

疲労感<<<<楽しさとなっていて自分はあまり気にならなかったです。おそらくFGOの時についた体力が生きたんだと思います。 この公演を気になる方は、公益財団法人 北海道文化財団で開催している「北のアーティスト」スペシャルプログラムにてこの演奏曲第六楽章【病演】「ケッペキショウ」を掲載させていただいたので、当プログラムの公式Youtubeチャンネルにて公開されているので見てみてください 同人演劇団「想演」第六回公演 第六楽章 病演「ケッペキショウ」: https://www.youtube.com/watch?v=nDn7W-bcZv8&feature=emb_title

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー