デジタルペイントとは?メリットデメリットを紹介!

初めまして。インターン生の花ケ崎です。

ここでは、デジタルペイントの基礎中の基礎であるソフト・周辺機器の選び方や、共通する基本的な操作などについて、デジタルペイントに触れたことのない人にもわかりやすく

説明していこうと思います。

今回は、デジタルペイントのメリット・デメリットについて話します。

突然ですが、デジタルペイントのメリットって何だと思いますか?

よく言われてるメリットは、「紙や筆などの消耗品コストが掛からない」「ゴミが出ない」「手軽に様々な機能が使える」などでしょうか。

確かに十分なメリットですよね。何万円もする機材を買うには十分な理由です。

ただ、デジタルペイントに手を付けようとしている人に共通してありがちな“誤解”があります。それは・・・・

デジタルペイントは、「デジタルならアナログより上手に描ける」というものです。

結論から言うと、そんなことはありません。もちろん、手ぶれ補正等多少の補助機能はあります。

※手ぶれ補正―ストロークで綺麗な線が描けるようにサポートする機能です

しかし、絵の質に大きな影響を与えるものではありません。あくまで補助です。

「デジタルなら綺麗な線が描ける」と思っていざ買ってみると、「ツルツルしてて描きにくい」「アナログではできてた、思った線を引くことができない」なんてことになってしまいます(実体験です)

この慣れるまでのアナログとのギャップが、デジタルのデメリットです。

なのでアナログではうまく描けないけど、デジタルなら画力が上がるなんてことにはなりません。むしろ慣れるまでは画力が同等以下になると思っておくといいかもしれません。

そんなデメリットがありながらデジタルペイントツールを利用する人が多いのは、上述したようなメリットがあるからです。

その中で私が特に大きいと思うメリットは「様々な機能が使える」という点です。

例えばデジタルペイントではレイヤーという、紙を透かせて重ねるような機能が備わっています。つまり、「下描きをする紙」「線を描く紙」「色を塗る紙」といったように分けられるんです。なので修正もしやすいし、紙がかさばることもなく管理が容易です。

他には、筆の種類が豊富な点などが挙げられます。

普通の鉛筆から水彩、Gペンなど、揃えようとすると結構場所もとられます。

デジタルなら筆の種類だけでなく、「太さ」「色彩」「透明度」などを細かく設定でき、これ一つで様々な絵を描くことができるんです。

家で筆とキャンバスを用意して水彩画を描こうとすると、準備や片付けの時間が必要だし、保管場所も確保しなくてはなりませんよね。

そういった手間を無くし、手軽に様々な絵を描くことができるのが、デジタルペイントの

魅力だと思います。

最後に、メリット・デメリットを整理します。

メリット

・紙や筆などの消耗品コストが掛からない

・ゴミが出ない

・手軽に様々な機能が使える

・管理がしやすい

デメリット

・初めてだと、慣れるまで時間がかかる

今回の話でデジタルペイントに、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー