「制作から完成まで」ペイントの流れを解説!

皆さんこんにちは。インターン生の花ケ崎です。

今回はいよいよ、ペイントソフトの使い方について、話をしようと思います。

以前に説明した通り、ペイントソフトはいろいろあるので、今回は一つに焦点を当てるのではなく、全体的に共通する制作の流れを解説していきます。

まずは、制作の基本的な流れについてです。

デジタルペイントの特徴として、以前から触れていた「レイヤー」という概念があります。

よくわからない人は「透明な紙」であると思ってください。

デジタルペイントは新規キャンバスを作成し、レイヤーに絵を分割して描いて、重ねたものを1枚の絵にするのが基本です。

1枚で仕上げるという人もいますが、慣れないうちは分割することをお勧めします。

その理由の1つはデジタルペイントの強みである「修正のしやすさ」です。

例えば、鉛筆で人を描いたとします。そのとき「目がうまく描けず、修正しようとしたら髪まで消してしまった」なんて経験をしたことはありませんか?

デジタルペイントなら、目と髪の線画を別のレイヤーに描くことで、お互いの修正に干渉しなくなるので、そんなミスも無くなります。

色も同様に、部位によってレイヤーを分けることで、色味が気に入らなかったときなども、後々修正しやすくなります。

レイヤーを細かく分けすぎても、複雑になってしまうので、最初はある程度のパーツ毎に分けるといいでしょう。レイヤーの枚数はどのくらい複雑なものを描くかにもよるので、自分が安心できる分け方を見つけてみてください。

レイヤーの概念以外にも、共通する機能があります。

それは、「やり直し」「取り消し」といったものです。この機能はペイントソフトに限らず、PCソフトではよくある機能なので、イメージも付きやすいのではないでしょうか。

線を引いているときに手が滑ってしまったなんてことを、だれでも経験したことがあると思います。それが最後の仕上げで、しかも他の線に干渉してしまった、なんてことになったら、目も当てられません。

しかし、デジタルペイントならこの機能で簡単に修正できてしまいます。それも数段階前まで戻すことも可能であるため、アナログなら緊張する塗りも、気軽に行うことができます。

その他にも、変形や移動など、デジタルならではの機能が多くあるので、ぜひこれらを活用しながら、制作してみてください。

そして最後に、画像の書き出しを行います。

まれに誤解をしている人がいますが、ペイントソフトで描いた絵のデータをそのままファイルで保存しただけでは、1枚の絵にはなりません。普段目にするような画像にするには、画像として書き出す必要があります。大抵はファイルの項目と一緒に並んでいるかと思います。ここで画像形式等を決め、描きだすことで1枚の絵が完成します。

1つ注意点として、非表示になっているレイヤーは書き出されないので、意図せず非表示になっているレイヤーがないか確認しておきましょう。

簡潔ではありますが、以上がイラスト制作の基本的な流れになります。

様々な機能に触れながら、デジタルペイントを楽しんでみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー