さらにゲームを楽しめるモンスターの特徴・生態

 皆さんこんにちは、インターン生の小森史将です。最近のシリーズについては紹介してしまったので今回はモンスターの特徴や生態について話していこうと思います。
 モンスターにはそれぞれベースとなる骨格が存在します。二足歩行に大きな翼を持った骨格や四足歩行で前脚が発達し低姿勢で歩行する骨格、同じ四足歩行でも上体が高い骨格、後ろ脚が発達したティラノサウルスのような骨格に魚のような骨格のモンスターが存在します。この骨格はモンスターを特徴づけるうえでとても重要であり、翼を持つ個体は空中を飛び回っての戦闘を得意とし、前脚が発達したモンスターは突進など地上での戦闘を得意とする個体が多いです。
 そして骨格とは別にモンスター個々にも特徴があり、尻尾に毒を持つ種類、体の一部が刃のように鋭い種類、骨や腐肉など外部から得たものを体に纏う種類など様々な特徴が存在します。
 モンスターの生態は、モンスターがどのような習性などをもって生きているか、ということを紹介します。
 まず紹介するのはモンスターハンターの顔ともいえるリオレウス。リオレウスは雄個体でつがいとなるリオレイアという雌個体が存在し、常に共に行動を取るようにしているほか、リオレイアが瀕死になった際、リオレウスは周囲を徘徊しリオレイアから遠ざけようと攻撃してきます。
これはゲーム内でも反映されており、この2頭が同時にいる場合、どちらが戦闘に入った場合もう片方もすぐにこちらに飛んできます。またリオレイアが瀕死になり巣で寝ている際は、リオレウスがその周囲を飛び回るようになります。
 別の例としてMHP3のメインであるジンオウガを紹介します。ジンオウガは雷を使いハンターに襲い掛かるモンスターですが、その雷はどこから来ているのか。その正体は電気エネルギーを持つ雷光虫という虫で、ジンオウガはその背中を雷光中の住居として提供する代わりに雷光虫から電気エネルギーを分けてもらい強力な攻撃を可能とした共存関係が成り立っています。
 その他にも火薬を好んで食べる、細菌と共生するなど、モンスターハンターにはモンスターそれぞれに特徴や生態があり、ゲーム内で実際にみることのできるものや豆知識のようなものまであり、それを知ったうえでモンスターを見るとまた違った見え方ができてさらにこのゲームを楽しむことができます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー