最終回!私の自己流スタイルを紹介!


 皆さんこんにちは、インターン生の小森です。今回は最終回ということで、私のアイスボーンでの狩猟スタイルを紹介していこうと思います。
 私はアイスボーンでは太刀、狩猟笛をメイン武器とし、場合によってはボウガンを使用しており、基本は体力増強、気絶無効、攻撃、達人、超会心スキルに会心時斬れ味を消費しない達人芸を使った剣士装備を使用しています。
狩猟笛のときは笛吹き名人レベル2を追加し、ボウガンのときは自傷して会心率と属性攻撃を強化する装備を使用しています。基本はソロプレイが多いですが友達を誘ってのマルチプレイや救難信号を利用して不特定のプレイヤーとのプレイもよくやっています。
太刀の魅力はモンスターの攻撃に合わせて見切り斬りでカウンター攻撃し、こちらの強化チャンスにすることができる点や、モンスターの攻撃をギリギリまで見極めてタイミングよく居合抜刀気刃斬りを成功させ流れるように兜割りを繰り出せる点で非常に気持ちいいです。
狩猟笛はあまり好んで使う人が多くないことが寂しいですが、アイスボーンの狩猟笛は今までの作品の中でもトップクラスに使いやすく強い狩猟笛だと思っています。まず狩猟笛の特徴である演奏効果で自身だけでなくほかのメンバーも強化できる点がマルチプレイをするうえで強いです。
またアイスボーンでは演奏効果を3つまでストックすることができるので、事前に演奏効果をそろえて発動させたいときにすぐに発動できる点は非常に使い勝手が良いです。演奏攻撃も強化されており今まで演奏であまり高いダメージが出せない、という悩みどころもうまく解決されたと思います。
さらにアイスボーンから狩猟笛に威力の高い攻撃が追加され、モンスターの転倒中などのチャンスタイムで一気にダメージを稼ぐことも可能になりました。これらによりワールドで使い始めてから使うたびに惹かれ、今ではマスターランクのマムタロトのソロ討伐まで可能なくらい扱えるようになっています。
最近ではイベントクエストで装飾品やカスタム強化のための素材を集めるために同じクエストをずっと周回しているため、太刀や狩猟笛はもちろん、ランスや片手剣も使いながら飽きないように頑張っています。
逆に大剣やハンマーはアイスボーンではとても苦手で、何度か挑戦はしましたが大剣はタックルを合わせるのが難しいうえに欲張って真溜め斬りを使いすぎるせいで攻撃する前にモンスターに攻撃されるなどなかなかうまくいきません。
 最終回は私が普段どのようにゲームをプレイしているか話しましたが、皆さんも自分なりの楽しみ方を見つけることができればこの作品を好きになれるのではないかと思っております。皆様どうか、よいハンティングライフを。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー