インターンシップ感想【日本大学】

花ケ崎 聖哉

期間 8月17日〜8月28日(10日間)

Q1.今回参加したきっかけ

学校でインターンの公募を探しているとき、研究室の先生から「MBAというゲームの開発を行っている会社がある」という話を聞いたことがきっかけです。元々ゲーム制作に携わる仕事がしたいと考えていたので、今回参加を決意しました。

Q2.インターンを始める前の経験

大学で、C言語をはじめとしたプログラミング言語を学び、Unityを用いて実際に2Dゲーム開発をチームで行いました。また、ペイントソフトを用いたデザインも経験し、ゲームのUIなどを作成していました。

Q3.インターンシップ中の内容

デジタルペイントに関する記事と動画の作成、加えてコロナウイルスをテーマにした3Dゲームの開発をUnityで行いました。

Q4.インターンシップを終えての感想

3Dゲームの開発は初めてで、最初は納期までに、どのくらいのクオリティのものができるか不安でしたが、完成するころには、スキルと対応力が身に付き、挑戦する甲斐があったと思います。今回得た仕事の経験や、頂いた企業目線の就活アドバイスなどを活かして、今後もスキルを磨いていこうと思います。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー