ドラクエ9~ストーリーを円滑に進めるために1~

こんにちは。インターン生の高塩です。今回は、前回予告したとおりドラクエ9の攻略に関して触れていこうと思います。

 まず、このゲームにはスキルポイントというものが存在します。スキルポイントとはレベルがアップしたときと特定のアイテムを使用したときに貰えるポイントです。スキルポイントを主人公などの仲間に割り振ることで、特定の値に達したとき、技を覚えたりステータスが上がったりします。また、職業が存在し、ストーリーをある程度進めると転職できるようになります。呪文は職業によって変わってしまいますが、スキルポイントで獲得した特技やステータスは職業が変わっても引き継がれます。このことから、スキルポイントの重要さがわかるかと思います。スキルポイントで獲得できる特技、ステータスは全て覚えることは可能ですが、そのころにはストーリーを全クリしていると思います。よって、スキルポイントを割り振る順番が大切になってきます。

 ここで、スキルポイント割り振りについて、私なりのおすすめを紹介します。まず序盤ですが、まだ仲間を持てない段階では「きょくげい」スキルの「火ふき芸」だけ覚えさせて他は「剣」スキルへ、仲間を持てる状態になったら「剣」、「ヤリ」スキルへ、とするのがおすすめです。理由として、主人公1人のときは、最初のボスへのダメージが打撃より出せる固定ダメージの火ふき芸が有効であるからということと、このゲームは剣が明らかに優遇されていること、「ヤリ」スキルの一閃突きがレベル上げに必要なメタル系のモンスターに有効だからです。ですが、序盤に剣を装備できるのは、旅芸人、戦士だけで、ヤリを装備できるのは僧侶だけです。自分で仲間を作ればそれで解決するのですが、デフォルトで用意されている仲間を使いたい場合は、僧侶、舞踏家、魔法使いなので、僧侶以外の職業におすすめできるスキルを紹介します。舞踏家は「ツメ」か「きあい」スキル、魔法使いは「杖」か「盾」スキルをおすすめします。理由は省略しますが、魔法使いはステータスがかなり低いので、足を引っ張る場面が多いのでおすすめできません。

 次に、中盤のスキルポイントの割り振り方ですが、まず、メインで使っている武器の「剣」や「ヤリ」スキルなどを最後まで割り振ります。装備系のスキルを最後まで割り振ると、その装備を装備できない職業でも装備できるようになります。もし、メイン武器の割り振りが終わったら、「盾」、「フォース」スキルに割り振ることをおすすめします。盾自体が防具として優秀ですので「盾」スキルは全員習得させたいですが、それと同時に仲間のだれか1人は「フォース」スキルを習得させるのが理想です。フォーススキルには、各属性を味方にかける技があり、それが優秀でボス戦において欠かせません。「フォース」スキルは上級職の魔法戦士が覚えます。

終盤のスキルポイント割り振りですが、このレベルまで来ると余裕がでてくるため、ここに関しては特にありません。

最後になりますが、今回、攻略の中のスキルポイントについて紹介しました。あくまで、筆者の意見ですので「こうしたい」などありましたら、迷わず割り振ってしまうのが一番だと思います。次回はスキルポイント以外の攻略のコツを触れられればと思っております。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー