全ルールX勢のスプラ2講座 エリア編

こんにちは。インターン生の神郡です。

今回はガチエリアについてお話ししたいと思います。

ガチエリアはステージ中央にあるエリアをインクで塗り確保し、カウントを先に0にしたチームが勝利となるルールです。また、ガチエリアは非公式ではあるのですが、ほとんどの大会で使われる定番ルールです。

ガチエリアのポイントですが、まずはキルするよりも生存することが大切です。人数不利を取られてしまうと、単純にチームの塗り力が一人分減ってしまうのでエリアを確保、または維持がしづらくなります。それ以外にも敵との対面で不利を取られやすくなってしまうため、対面が得意な人は積極的にキルをしに行ってもいいと思いますが、まずは生存することが大切になります。

次にエリア内で戦わないことです。エリアを確保してカウントを進めることが目的である以上エリアは一番敵味方に見られるポイントです。そこで戦ってしまうといろんなところから攻撃が飛んできて敵を倒すどころか生存するのが難しくなります。また、やられてしまうと敵インクがその地点でばら撒かれてしまうので確保していたエリアが相手に取られやすくなってしまいます。

次に、打開のポイントです。打開の際は、一人で敵を倒しに行くことはせず、味方と合わせて行動しましょう。相手はどこから自分たちが出てきても対応できるように守りを固めています。なので1人で突っ込んでも打開することがほとんどできないため味方と協力して、まずは1キルすることから始めるのが打開の基本です。

また、打開の際は相手がスペシャルを持っていることが多いので、自分たちもスペシャルを溜めて味方とスペシャルを合わせて使うことで対抗しましょう。スペシャルは強力なものが多いので、スペシャルなしで戦いを挑んでも打開することが難しくなってしまいます。

次は、エリアを確保している時のポイントです。エリアを確保している時は相手が打開してくるタイミングになります。なので、こちらもスペシャルを使ったり、敵をキルして相手の打開を防ぎましょう。キルができなくても相手に圧をかけて相手一人でスペシャルを使ってもらうようにすることで、敵がスペシャルを同時に使えなくなるので、打開を防ぐことにつながります。

ほかには敵の打開ルートを見ることです。相手は必ずしも同じところから来るとは限りません。なので、味方が見ていないルートを抑えておくことで相手が打開しづらい状況にすることができます。また、ほかのルートを抑えることで相手を囲んで敵の見る場所を増やすこともできるので、チームワークを乱しやすくなります。

最後に個人的に強いブキを少し紹介したいと思います。このルールではキル力も塗り性能もあるブキであるパラシェルターやデュアルスイーパー、L3リールガン、あとは長い射程を活かしてエリア回りが見れるスプラチャージャーやハイドラント、エクスプロッシャーなどが特に強いと思います。これらは単純に対面にも強く、塗り力も強い、または味方のサポートがしやすいのでエリアの維持がしやすいためおすすめです。自分はブラスターでキルを取って人数有利を作る立ち回りが得意なのですが、塗り力があまりないので、いざというときにエリアが確保できないのでエリアだと実はあまりおすすめできないです…。

ガチエリアはガチマッチのルールの中でも特に遊びやすいルールだと思います。今回紹介したポイントを意識して立ち回るとガチマッチの勝率を少しでも上げることができると思いますので参考にしてもらえると嬉しいです。

今回はここまでにしたいと思います。

次回はガチヤグラについてお話ししたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー