全ルールX勢のスプラ2講座 ホコ編

こんにちは。インターン生の神郡です。

今回はガチホコについてお話ししたいと思います。

ガチホコは、中央に設置されているホコを持って、相手陣地にあるゴールにどれだけ近づくことができたかで勝敗を決定するルールです。ホコにはホコバリアが付いており、バリアにダメージを与えることで与えた側のインクで大爆発してバリアを割ることができます。また、ホコを持っている間は移動速度が遅くなり、ガチホコショットという特別な攻撃ができます。

ガチホコのポイントですが、まずは味方と敵の編成を見てバリアを割るか割らないかの判断をしましょう。マニューバ―やスピナー、チャージャーなどダメージが出せるブキが多いときは積極的にバリアを割りに行きましょう。逆に、ジェットスイーパーやブラスター、ローラーなど、あまり連続してダメージが出せないブキが多いときは無理に割に行かず、自陣の塗りを広げておきましょう。

次に、ホコを持つタイミングを見極めることです。人数有利のタイミングはもちろん、相手がやけに攻めてきていてホコをあまり見ていないタイミングやどこかホコルートに敵がまったくいないタイミングなどに持つといいです。ホコが通れるルートは各ステージに2つか3つあるのでルートを知ることも大切になります。

また、味方がホコを持ったらホコを守ってあげましょう。ホコは連続で攻撃ができないので、一斉に敵に攻撃されたら即死してしまいます。なので、攻めてきた敵を倒してあげたり、ホコの通れるルートを塗って道を作ってあげるようにするとカウントが進みやすくなります。

ホコの防衛のポイントですが、まずはホコを放置しないようにしましょう。相手にカウントを進められてホコを倒しても防衛は終わっていません。もう一度バリアを割られてさらにカウントを進められてしまう可能性もあるので、しっかりと自陣のクリアリングをしてからバリアを割り、安全に中央まで運ぶか、ホコを持ったまま自陣で落下すると初期位置に戻るため、それを活用するかして相手にカウントを進められないようにしましょう。

また、自分だけが生きている人数不利の状況などはホコを持つことで相手はカウントを進められなくなり、味方が復帰するまでの時間稼ぎができるのでそういった判断も大切です。

相手がホコを持っている間はホコだけを見るのではなく、ホコルートを見ましょう。もし、自分が見ているルートとは別のルートから敵が侵入していて、後ろから襲われたら最悪、味方が全滅してしまいます。また、ホコもルート変更してくる可能性もあるので、ホコルートを抑えておくと阻止しやすくなります。

敵のホコを自陣で阻止して、まだ自分のチームがカウントリードしていてさらに残り時間がほとんどない場合、ホコを持って敵がなかなか攻めてこれないスタート地点前まで下がって相手が自分を倒すことができないようにするということもできるので、できる状況は少ないですが、見極められるといいです。しかし、この動きは万が一敵にやられてしまった場合、一気に逆転されやすくなってしまうので注意しましょう。

最後にガチホコで個人的に強いブキを少し紹介したいと思います。このルールではバリアを割るのにボムピッチャーやスーパーチャクチなどのスペシャルが効果的なのでそれらのスペシャルを持つブキ、またはハイパープレッサーやナイスダマなど、半強制的にホコを止めることができるスペシャルをもつブキ、あとはホコ割りがしやすいマニューバ―系やチャージャー系、あとは範囲攻撃でホコだけでも倒せるブラスターなどがおすすめです。

ガチホコは何においてもタイミングが重要なルールです。なので慣れるまでは難しく、エリアやヤグラに比べて嫌われがちなルールですが、わかると面白いルールだと思います。今回紹介したポイントを意識して立ち回るとガチマッチの勝率を少しでも上げることができると思いますので参考にしてもらえると嬉しいです。

今回はここまでにしたいと思います。

次回はガチアサリについてお話ししたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー