エスコン5について語りたい Missionその①

こんにちは!インターンシップ生の元木です!

この記事では、私が少し前めちゃくちゃハマったゲームである『エースコンバット』について話していきたいと思います!

第三回は、『エースコンバット5』のMissionについて語っていきたいとおもいます。

【Mission01 極西の飛行隊】
ユークトバニア軍のものと思われる偵察機が、オーシア連邦領内を領空侵犯したため、それを強制着陸させるべく、ウォードッグ隊が出撃します。しかし、降伏勧告中に飛来してきた敵戦闘機軍に襲われてしまいます。

「おい、4番、最後尾、どん尻、ブービー聞こえているか?」

このミッションでは、プレイヤーは4機編成の4番機として飛行することになります。コールサインは「ブレイズ」なのですが、最後尾であることから隊長からは「ブービー」と呼ばれてしまいます。終わってみると、このブービー呼びにかなり来るものがあるんですね。隊長(1番機)は、ジャック・バートレット、コールサインは「ハートブレイク・ワン」。2番機はクールなケイ・ナガセ、コールサインは「エッジ」。3番機はムードメーカー、アルヴィン・H・ダヴェンポート、コールサインは「チョッパー」となっています。

最初のミッションであるため、特に難しいということはなく、操作を確認させるチュートリアルのようなミッションになっています。(開始直後隊長のケツに突っ込んだことは内緒)

「おい、ブービー、生きてるか?……生きているようだな。全機、よく生き残った。この良き日を忘れないように、ブービー、おまえがどこのポジションにいても今後ブービーと呼ぶことにする。いいな、ブービー?」

【Mission02 開戦】
「隊長には昔ユークトバニアに恋人がいたのさ。」

サンド島近海にユーク所属と思われる情報収集艦が展開し、無人偵察機を飛行させたため、これを撃墜することが任務です。

「右だ、ナガセ!!」「隊長っ!!」

ミッション終了後、艦船からエッジを狙い発射されたSAMによってハートブレイク1は墜落してしまい、その救出を見守る暇も無く、基地への帰還と再出撃を命じられます。

【Mission03 間隙の第一波】
バートレット大尉がいないことを悲しむ間もなく、ユーク軍に狙われている空母ケストレルらを守るため出撃します。

「指揮はブレイズ、あなたが執って。私はあなたの後ろにつく。」

ここで初めて隊長に任されます。その時の気分はなかなかたまらなかったですね。

「私はもう1番機を落とされるわけにはいかないの。」

このミッションは先ほどまでとは打って変わって、敵がバンバン出てくる、なかなかハードなミッションです。また、このステージの音楽「Navel Blockade」はかなり好みです。

【Mission04 初陣】
今や戦争の最前線になってしまったサンド島にユークからの攻撃が行われます。そんな戦闘の真っただ中で出撃することになります。

このステージには敵爆撃機が多く出現するためかなり大変でした。(何度爆撃機に突っ込んだことか…)

「こちらハンス・グリムです。基地上空の支援に参加します」

今回のミッションの途中からまじめな性格の「ハンス・グリム」が部隊に加わります。コールサインは「アーチャー」です。ここの曲「First Flight」もすごく私の好みです。

今回の記事はここまでです!次回も『エースコンバット5』のMissionごとの説明をしていきたいと思います!

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー