「誰もが知っている『走れメロス』」

こんにちは。インターンシップ参加者の、守屋芽生(もりやめい)と申します。

今回は、『走れメロス』を紹介したいと思います。

こちらは、前回の記事でも軽く触れましたね。

それでは、少しだけ、関係ない話をします。

皆さんは、学習指導要領というものをご存知でしょうか?

文部科学省のHPをご覧いただければ細かいことがお分かりになるかと思いますが、誰にでも分かるように言えば、授業を作るときの基準になるものです。

こういう人間に育ってほしい。では、そうなるためにはどんな教育をすればいいんだろう。そこで作られるのが学習指導要領です。これは教育者だけでなく、精神科医や評論家なども関わって作られています。ということは、多角的な視点で見て、子供に悪影響を与えないものが授業に使われるわけです。

このことから、よく教科書に載っている『走れメロス』が少なくとも教育に悪いものではない、というのがお分かりになるかと思います。

どうしてこんなに正当性を説こうとするのかというと、前回「書かせて」申し上げたいただいた通り、太宰についての固定観念を壊したいからです。

遅くなりましたが、本題に入ります。

ところでこの作品、元ネタがあるというのは知っていらっしゃいますでしょうか。

作品を読むと、最後に「古伝説と、シルレルの詩から。」とあります。これは古代ギリシャの伝承と、シルレル、すなわちフリードリヒ・フォン・シラーが書いた『人質』という詩を基にしているということです。

分かりやすいところを挙げれば、「王への陰謀を企んで死刑になった主人公が友人を人質にし、陽が沈むころに戻ってくる」、そして「邪知暴虐な王が2人の友情に胸を打たれて、友情に加わりたいと頼む」、という大まかな物語の設定ですね。元の伝承では、王はその頼みを拒否されてしまうのですが……。

それなら、『走れメロス』は、いわゆる「パクリ」なのか? というと、そういうわけではありません。

この作品の結末は皆さんご存知だと思いますので、以下に載せてしまいます。

どっと群衆の間に、歓声が起こった。

「万歳、王様万歳。」

 ひとりの少女が、緋のマントをメロスに捧げた。メロスは、まごついた。佳き友は、気をきかせて教えてやった。

「メロス、君は、まっぱだかじゃないか。早くそのマントを着るがいい。この可愛い娘さんは、メロスの裸体を、皆に見られるのが、たまらなく口惜しいのだ。」

勇者は、ひどく赤面した。

ここが、他の作品にない、太宰のオリジナル要素です。

他にもたくさんありますが、今回はこれを取り上げさせていただきました。王道な友情を描くストーリーと、ユーモア。これを感じることができれば、太宰のイメージが少し変わるのではないでしょうか。

今回は『走れメロス』について書かせて頂きました。

次回は名紀行文、『津軽』についてお話しします。

ご覧いただき、ありがとうございました。

引用…太宰治「走れメロス」角川文庫 平成26年5月10日 改版7版

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー