ボードゲームって? #01

こんにちは!

インターンをさせていただいている水野晶章です!

私が紹介する記事は二人で遊べるボードゲームについてです!

今回は初回ということで、ボードゲームがどういうものなのか……みなさんが知っている様なボードゲームについてざっくりと説明していこうと思っています。

まず、ボードゲームについてですが、これは専用の盤の上で駒を置いたり動かしたりして遊ぶ機械を使っていない、いわゆるアナログなゲームのことをいいます! 盤上で遊ぶものをボードゲームと言いますが、本記事では特定のカードを使って遊ぶものなどのアナログゲーム一般のことをボードゲームと称して紹介します。

例として、カタンなどのポイントを奪い合うものや、双六の様な一定のゴールがありそこに向かうもの、チェスの様な一定の駒を取り合うものなど多種多様に存在します。

そこからみんながやったことあるのではないかと思われるボードゲームについて紹介していきます!

まず最初は『リバーシ(オセロ)』

これはルールが単純で戦略など考えなければ誰でもできるんじゃないかと思われるボードゲームです!

まず、最初に8×8の盤面の中央2×2面に裏と表が白と黒で分けられている石を上段に白、黒、下段に黒、白と並べて、自分がどちらの色を担当するか決めたらゲームスタートです!

最初に黒が縦横斜めで白(間にいくつあっても)を既に置かれている黒とで挟み込めるマスを探して、そこに黒側にした石を置きます。その後、挟まれた白を全て裏返し、黒にします、ここで手番終了です、白に交代! 交代した白は黒と同じ様に黒を挟み込めるマスに白石を置いて間にある黒を全て裏返し白に替えます。これを交互に行って、どちらも置くことができなくなったら(もし、自分が置けなかったとしても相手が置ける場合自分はパスとなり相手に置く権利が譲られます)終了!

勝利条件は相手の色より多く自分の色があるかどうかです!

ここでちょっとしたリバーシの必勝法! なんとリバーシは四隅が強く、これを一つ取るだけで25%勝率が上がるとか上がらないとか……。

次に紹介するのは『将棋』

軍人将棋の様な異種格闘技戦みたいな将棋もありますが、今回私が紹介するのはオーソドックスに羽生善治さんや、最近話題の藤井聡太さんがやっているあの将棋!

一見難しそうだなって思う人も多くないと思いますが、基本は相手の王将、もしくは玉将を取れば勝ちというゲームです!

9×9の盤上に自分の陣地と相手の陣地に王将(玉将)、金将、銀将、飛車、角行、香車、桂馬、歩兵の8種20個の駒を決まった置き方で並べたらスタートになります! 各駒は動き方が決まっており、一度動いたら手番が交代です。動き方は割愛させていただきますが、くもんのスタディ将棋(¥4000ほど)が将棋を覚えるのにわかりやすくおすすめです!

金将、王将(玉将)以外は、相手の9×3の陣地に入ると裏返しになり、角行と飛車は元の自分の動き+全方向に一マス、それ以外は金将と同じ動きになることができます。(ならない選択肢をすることも可能です)

そして、互いに抗戦していって、王将(玉将)がこれ以上動いてもここに居ても取られる(詰みの状態)になったらゲーム終了で王将(玉将)をとって勝ちになります!

プロの棋士はこう動かしたら相手はどう動かしていくかなんて数千通り数万通りも考えてうってるらしいです。そんな考えたら気が狂いそうですよね。

今回はここまで! いかがだったでしょうか?

今後はこの様にみなさんがあまり知らない様なボードゲーム、二人でも遊べるものを紹介していこうと思います。

それではまた明日……。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー