インターンシップ感想【公立諏訪東京理科大学】

村上  陽音

期間 2020年9月1日〜9月7日(5日間)

Q1.今回参加したきっかけ

 大学のキャリア支援クラウドサービス「キャリタスUC」で見つけ、ゲーム開発が楽しそうだと思ったからです。

Q2.インターンを始める前の経験

 プログラムはいくつか習っていて、Unityは基礎しか習っていなかったので、本格的なゲームは作ったことがありませんでした。

Q3.インターンシップ中の内容

 自分の好きなバンド「ビーバー」についての記事と動画の作成と、新型コロナウイルスと就活をテーマにしたゲーム開発を行いました。

Q4.インターンシップを終えての感想

 記事の作成は、毎日1000字以上で書けるかなと不安でしたが、自分の好きなものをテーマにしていいということで、あっという間に1000字以上書くことができました。

 動画は、こういう経験は初めてだったので上手に撮れるか心配でしたが、楽しく読もうと心掛けながら読むことができました。また、伝えたいことを伝えるにはどう伝えればいいか考えることができ、良い経験になりました。

 ゲーム作りでは、まだ基礎しか習っていなかったので、自分の作りたいものがなかなか作れませんでしたが、今できることを使いながら、試行錯誤を重ね完成させることができました。5日間あっという間でしたが、とても貴重な体験をすることができました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー