「 まさかのコラボ映画!?[エイリアンvsアバター]」

こんにちは

インターン生の髙田 昴(たかだすばる)と申します

今回のB級映画作品は「エイリアンvsアバター」という作品にフォーカスを当ててお話しします

ジャンルはSFアクション映画となります。ある時女子二人がキャンプしていると、その道中の近くに謎の飛行物体が墜落、その時にエイリアンが落ちてきていたのです。同時に地球衛生上に謎の宇宙船がおり中にいる宇宙人がロボターというロボットを派遣するものの着地に失敗し故障。エイリアンの近くにいた女子二人は犠牲になってしまう。場面が変わって主人公たちに移る、主人公とその親友はとある目的のためにキャンプを計画する、主人公はキャンプを楽しみながら女子にアプローチをかけるも失敗しブルーになります。次の日、メンバーがいなくなり更にアバと名乗る女性が現れる。女性曰く、「その友人はエイリアンに殺られた、そのエイリアンを私は倒しうる能力を持った機械を直しに来た」と言う、主人公達は無事アバと一緒にエイリアンを倒す事ができるのか!?

というあらすじです。これはB級映画あるあるの一つの、有名な作品のオマージュ系です。

作品のオマージュ系では、キャラの性質などは全体的に既存作品に寄せつつ所々、違う要素をいれて作る為非常にキャラ設定がしやすいというメリットがあります。しかし、オマージュ系でも他作キャラVS他作キャラというスマブラじみた映画はなかなか無いためこの映画はある意味貴重と言えます。

この映画の面白い所は、序盤の青春シーンが普通に面白いという所です。

通常では、序盤は適当に済ませて早くメインパートに入って盛り上げるのですが、この映画では主人公の葛藤やそれに寄り添ったり助けてくれる親友がいたりなど、長く見れます。

メインパートに入ったところで力尽きたのか、CGや小道具がとてつもなく雑になり、この差でシュールさが2倍以上に跳ね上がります。

そして、もう一つの面白いところは、この映画での多作キャラの個性の付け方です。

アバターは肌が青い以外はほぼ別で、ストーリーの進行場必要なのですが驚くほど弱いです。そして、エイリアンは単為生殖が可能である、という所や透明化できるなど似た要素は多いですが、その武器が腹に刺さるのかという程柔らかいので笑えてきます。

さて今回のB級映画「エイリアンvsアバター」興味がわきましたか?

他作キャラがスマブラみたいに戦いあってる姿にちょっと興味があるなと思ったあなたはぜひ鑑賞してください。シュールすぎて爆笑してしまうかもしれませんよ!

今回自分がオススメする映画は「シャークトパス」です。

それでは良い映画日和を!

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー